モンクレール ジーニアス 2019秋冬シーズン第3弾ヴェロニカ・レオーニとセルジオ・ザンボンの手掛ける「2 MONCLER 1952」が世界同時発売

MONCLER GENIUS(モンクレール ジーニアス) 2019秋冬シーズン第3弾、Veronica Leoni(ヴェロニカ・レオーニ)とSergio Zambon(セルジオ・ザンボン)の手掛ける「2 MONCLER 1952(2 モンクレール 1952)」が、8月29日より、一部のモンクレールブティックと主要セレクトショップ、オフィシャルECサイトにて世界同時発売された。ウィメンズを手掛けたVeronica Leoniは、ハイテク素材や実用的なシェイプをレイヤリングし、モンクレールのコードを再解釈。ブークレウールをはじめフィッシュネット、ブリーチタータン、イチョウ柄のマクロプリント、パッディドテーラーリングを駆使したベースにナイロンと組み合わせたアイテムを展開し、着用する人の気分により変化する着こなしを提案し、ダブルレイヤーやデタッチャブルライナーのディテールがシェイプに順応性をプラス。エクレクティックかつモジュール性のあるコレクションは、機能性と表現の自由が混ざり合い、デザインの精密さが女性の多様性を提案している。ダウンジャケットとケープが融合したスタイル、エクステンドパーカー、バイカージャケット、ダウンパディング入りライナー付きのテイラードアイテムなどを展開。ブークレウールやフィッシュネット素材は、抽象的で機能性に予想もしない新たなタッチを加え、シェイプに新しい可能性を与え、ボタン留めしたポケット付きのリブニットプルオーバーやリブニットフレアトラウザーはレイヤーの基礎を築いている。ITCHY SCRATCHY PATCHY(イッチー スクラッチー パッチー)とのコラボレーションは、バイカーからインスピレーションを受けたピースにノンシャランなフィーリングのパッチをデザインしている。Sergio Zambonによるメンズコレクションでは、ユースカルチャーに根付いたモンクレールのヘリテージを再解釈。ポップなスピリットにリラックスした要素を取り入れ、ブランドのアイデンティティと融合したハイテクニックな特徴が表現され、1970年代を彷彿とさせる柔らかなカラーパレットは、ルック全体を通じて色彩のグラデーションを表現している。アウトドアな雰囲気を感じさせるテディフリースパーカーやFREAKの大胆なレタリングをほどこしたフード付きスウェットパーカー、ジップアップブルゾンやダウン入りのトラウザーなどのアイテムを展開。一方で、ユニフォームスーツのインナーにウィンドブレーカーをレイヤーし、モノクロームダウンとカーゴパンツにチェック柄のシャツとネクタイを合わせるといった”2 モンクレール 1952”ならではのスーツスタイルを提案することで、フォーマルにリラックス感を加え、再解釈。大都市の近くにある自然を楽しむ人々に向けたコンテンポラリーでリラックスしたバイブを提案し、21世紀のクールなクライマーをイメージしている。また、両者の間にあるブランドとプロダクトバリュー、歴史の対話の中でこのコラボレーション「2 MONCLER 1952 + VALEXTRA(2 モンクレール 1952 + ヴァレクストラ)」が誕生。ミニマルなヴァレクストラのバッグに、モンクレールのアイコニックなダウン素材をトーン・オン・トーンで組み合わせることで、予想することのできなかったタイムレスと今を感じさせるアイテムを展開する。MONCLER GENIUS 2019秋冬シーズン第3弾「2 MONCLER 1952」で、快適で最新のエレガンスなアイディアを実現したコレクションを体感してみて。

■MONCLER GENIUS 2019AWシーズン第3弾「2 MONCLER 1952」

2019年8月29日(木)より一部のモンクレールブティックと主要セレクトショップ、オフィシャルECサイトにて世界同時発売

www.monclergenius.com