リーバイス® メイド & クラフテッド®がLOOPWHEELER創立20周年を記念して『LEVI’S® MADE & CRAFTED® x LOOPWHEELER®』を発売 インディゴと吊り編み生地を組み合わせた5型を展開

CORE TEE INDIGO GARMENT DYE ¥24,000(+tax)

LEVI’S® MADE & CRAFTED®(リーバイス® メイド & クラフテッド®)は、LOOPWHEELER(ループウィラー)創立20周年を記念して、9月7日より、『LEVI’S® MADE & CRAFTED® × LOOPWHEELER®』を発売。発売に先駆け、8月23日より、リーバイス®オンラインストアにて先行予約が開始された。『LEVI’S® MADE & CRAFTED® × LOOPWHEELER®』は、リーバイス®の代名詞であるインディゴと、ループウィラーの代名詞である吊り編み生地を組み合わせた、スペシャルな5型を展開。全てMade In Japanで、インディゴは綛(かせ)染めという方法を採用し、24時間インディゴの浴槽につけて糸の芯まで深く、ムラなく美しく染め上げた。ファンの間でも定番のフレンチリージップアップフーディとクルーネックスウェット、今回のコラボレーションロゴをのせたTシャツ、特にトラッカージャケットと502™の生地は格別で、「吊り編み4層ジャージ」で作られている。これは世界でたった一台の機械でしか作ることができない。「一つの服を着心地よく、長年にわたってその風合いを失うことなく、次の世代へ味わいを残し続けることができるということ」というループウィラーのフィロソフィーは、未来の定番を作っていくリーバイス®のプレミアムラインであるLevi’s® Made & Crafted®と共通すること。ループウィラーは、高速編み機が主流の現代に、あえて生産速度が落ちる「吊り編み機」を用いてこだわりのスウェットウェアを作り出している。1900年代に起源をもつ吊り編み機。天井から編み機を吊り下げ毎分24回転というゆっくりとしたスピードで編まれた生地は、そのやわらかい着心地と、くり返し洗濯してもその特性が失われにくいことが特徴となっている。1960年半ばまではスウェットシャツの生地を生産するにはごく一般的な編み機だったが、大量生産・大量消費の時代が訪れ、効率重視の生産体制が築かれる中、この吊り編み機は徐々にその姿を消してゆき、現在は日本の和歌山県に現存するもののみとなった。現代となっては非効率な機械を使ってもの作りをしていることは、リーバイス®にとってのセルビッジデニムと同じ。旧式の織機を使用して生産されるセルビッチデニムは、通常よりも時間と労力を要し、織機のアナログさと職人の手仕事による調整による希少性とクラフトマンシップにより、多くのファンを惹きつけ続けている。やわらかい着心地と、くり返し洗濯してもその特性が失われにくいことが特徴の吊り編み生地で作られた『LEVI’S® MADE & CRAFTED® × LOOPWHEELER®』で、日本のクラフツマンシップを体感して。

BOXY TYPE 3 INDIGO GARMENT DYE ¥60,000(+tax)

502™ INDIGO GARMENT DYE ¥50,000(+tax)

CREWNWCK SWEATSHIRT INDIGO GARMENT DYE ¥36,000(+tax)

ZIP UP HOODIE INDIGO GARMENT DYE ¥48,000(+tax)

■「LEVI’S® MADE & CRAFTED® × LOOPWHEELER®」

2019年9月7日(土)発売(8月23日よりリーバイス®オンラインストアにて先行予約開始)

展開店舗:リーバイス®ストア一部店舗(原宿、渋谷、新宿、大阪、京都、MARK IS 福岡)、Levi’s®公式オンラインストアZOZOTOWN Levi’s®ショップ、BEAMS 一部店舗、BEAMS 公式サイト、URBAN RESARCH 一部店舗、伊勢丹新宿メンズ館、阪急メンズ大阪、ループウィラー各店舗(千駄ヶ谷、大阪、福岡)

www.levi.jp