フォトグラファーのダンコ・シュタイナー&ニック・ナイトを起用したBURBERRYの新キャンペーンビジュアルが公開 モノグラムコレクションのポップアップストアをSIXIÈME GINZAにて開催

@Courtesy of Burberry_Danko Steiner

BURBERRY(バーバリー)は、幅広い人々に向け、フォトグラファーDanko Steiner(ダンコ・シュタイナー)とNick Knight(ニック・ナイト)を起用した2019年秋冬のキャンペーンビジュアルを公開。1つのコレクションに込められた2つの異なる視点、”洗練とクラシック”、”自由とリラックス”の両方が映し出されている。キャストとして、ジジ・ハディッド、イリーナ・シェイク、フラン・サマーズ、ソラ・チョイ、ヒー・コン、アレクシス・チャパロらが参加。バーバリー チーフ・クリエイティブ・オフィサーであるリカルド・ティッシは、「私たちのバーバリーでの活動の根底にあるのは、ブランドがアイデンティティとなり、ライフスタイルとなることへの情熱。それはあらゆる垣根を超え、すべてを包括すると思っています。今回のキャンペーンでは、英国文化の多面性と、それらがいかに共存しているかを探求しています。ダンコとニックはともに、自己表現とアイデンティティの重要性を称え、それらを彼らの独特な目線を通して表現してくれました。」とコメント。2019年秋冬コレクション「テンペスト」は、構造的でありながら反抗的で自由な一面もある、英国の文化や風土がもつ対比と矛盾を称え、昨年発表されたデビューコレクションで打ち出したブランドの記号性や基本要素をさらに発展させて展開。本コレクションは、8月21日より全国のバーバリー店舗、およびオンラインサイトにて発売されている。また、モノグラムコレクションのポップアップストアを、8月28日から10月8日まで、SIXIÈME GINZA(GINZA SIX)にて開催。20世紀に使用されていたブランド創業者トーマス・バーバリーのイニシャルモチーフに着想を得て、リカルド・ティッシと、英国人グラフィックデザイナーのピーター・サヴィルとの共作で生まれたモノグラム。ブランド初となるモノグラムコレクションは、ユニセックスの洋服から、シューズやバッグ、帽子、ウォレットなどのアクセサリーまで幅広いラインナップで展開され、アイコンバッグ”TBバッグ”や”ベルトバッグ”のモノグラムコレクションも新たに登場。ポップアップストアでは、かつての王族が暮らした英国の建造物からインスピレーションを得た、デコラティブで意外性があり、プレイフルなインスタレーションとともに紹介されている。リカルド・ティッシがダンコ・シュタイナーとニック・ナイトとタッグを組んだ新キャンペーンビジュアルとモノグラムコレクションのポップアップストアで、バーバリーの世界観を堪能してみて。

ⒸCourtesy of Burberry_Nick Knight

■BURBERRY

2019年8月21日(水)より2019年秋冬コレクション「テンペスト」を全国のバーバリー店舗、オンラインサイトにて発売

2019年8月28日(水)~10月8日(火)BURBERRY MONOGRAM POP-UP STOREを開催 / SIXIÈME GINZA(東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 2F)

Burberry.com