スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京からインスパイアされた新業態の第1号店となる「スターバックス リザーブ® ストア 銀座マロニエ通り」が9月4日よりオープン

スターバックス コーヒー ジャパンは、新業態”スターバックス リザーブ® ストア”の第1号店となる「スターバックス リザーブ® ストア 銀座マロニエ通り」を、9月4日よりオープン。東京・中目黒に2月に開業したスターバックス リザーブ® ロースタリー 東京で焙煎された、世界的にも希少で個性豊かな”スターバックス リザーブ®”ブランドのコーヒーと同じく、ロースタリー 東京内に初出店し、7月には日本初の単独1号店を代官山にオープンしたイタリアンベーカリー”プリンチ®”の魅力あふれる味わいの両方を、2階建てのゆったりとした空間で楽しむことができる。また、店内座席の一部に予約システムが導入され、スターバックスでの新たな店舗体験を提供する。新業態の第1号店は、スターバックス日本上陸の地として選ばれた銀座において、日本第1号店となるスターバックス コーヒー 銀座松屋通り店と並び、地域の旗艦店として長きにわたりお客様とのつながりを育んできたスターバックス コーヒー 銀座マロニエ通り店を全面改装し、新しい屋号を掲げる新スタイルの店舗として誕生。店舗面積はこれまでと変わらず、新たに2階にメインバーを配置し”スターバックス リザーブ®”ブランドのコーヒーやビバレッジ、プリンチ®のメニューを注文することができ、店内の時間をゆっくりと過ごせるよう、複数人で利用できる客席レイアウトへと変更。1階では、持ち帰り専用としてクイックに利用できる商品を取り揃え、これまでの居心地のよい空間 、サービス、商品に徹底的にこだわり、提供してきたスターバックスのノウハウを生かし、お客様の体験価値をさらに高められる店舗となっている。ビバレッジメニューは、”スターバックス リザーブ®”のコーヒーの魅力を存分に堪能できるよう、モッドバー プアオーバーやクローバー、ブラックイーグルなど、6種類の抽出器具から好みのものを選んで淹れたコーヒーやエスプレッソビバレッジを用意。さらに、ロースタリー東京のティバーナ™バーで提供されているメニューから厳選されたティービバレッジや茶葉も取り揃え、ビールやワインなどのアルコールも用意し、利用シーンに応じて様々な組み合わせを楽しむことができる。また、主力商品として人気のイタリアンベーカリー プリンチ®から、ランチプレート”TAVOLA(タボラ)”が登場。本格的なイタリアの味わいをカジュアルに楽しめるサラダやラザニアが選べ、プリンチ®を代表するフォカッチャのスティックを添えて、自由に組み合わせができるランチプレートとなっている。スタバの新業態代1号店となる「スターバックス リザーブ® ストア 銀座マロニエ通り」で、コーヒーのワンダーランドのような体験をしてみてはいかが。

タボラ ¥1,180(+tax)

■スターバックス リザーブ® ストア 銀座マロニエ通り

2019年9月4日(水)オープン / 東京都中央区銀座3-7-3 銀座オーミビル1F TEL 03-3567-5713 / 7:00~22:30(L.O. フード・ビバレッジともに22:00) 不定休

座席予約システム:9月4日(水)10:00よりオンラインにて予約受付開始(9月9日(月)より予約座席利用可能) 2~12名 ※利用当日の7:00まで予約可能、2週間先まで予約可能

お問い合わせ:TEL 0120-336-388(9:00~19:00 年中無休 国際電話・IP電話からはTEL 03-5745-5890)

https://www.starbucks.co.jp/