RALPH LAURENがデニムにフォーカスした新グローバルキャンペーン「Wear Your Story」をスタート 新しいウォッシュ加工やフィニッシング、サステイナブルなコットンをクローズアップ

RALPH LAUREN(ラルフ ローレン)は、デニムにフォーカスした新しいグローバルキャンペーン「Wear Your Story」をスタート。8月から9月にかけてグローバルにおいて、RalphLauren.comに加え、アウトドア広告、印刷媒体、デジタルメディア、SNS などを活用し展開される。お気に入りのデニムアイテムを身につけたときに感じるノスタルジックな感情や、そこに生まれるストーリーを表現。グローバルに活躍する2人組みのフォトグラファーTim HillとJames Finniganが撮影しており、モデルにはインフルエンサーやヨガの達人、学生、父親、母親などの6人が選ばれ、それぞれのお気に入りのジーンズが忘れがたいアイテムとなったいきさつを語るユニークなストーリーと組み合わされている。本キャンペーンでは、4月に始まったラルフ ローレンのファミリーキャンペーンに基づいており、マルチ世代や同性同士のカップル、2019年春のPOLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフ ローレン) コレクションに登場したファミリーなど、様々なファミリーがクローズアップ。この新しいキャンペーンもノスタルジックな要素をもとに組み立てられる一方で、モデルやハウスの友人たちを幅広く起用することで、ブランドの明確な価値観を表している。デニムは、ポロ ラルフ ローレンにとって最も重要なカテゴリーの1つ。本キャンペーンで紹介されるコレクションには、メンズ・ウィメンズ・ポロ ラルフ ローレンの一部において、新しいウォッシュ加工やフィニッシング、ディテールが駆使されているほか、サステイナブルであるさまざまなスタイルのコットンが用いられている。今日、ラルフ ローレンはサステイナブルなデニムの開発に力を注いでいる。企業市民としての責務とサステイナビリティに主眼を置く新たな戦略「デザイン・ザ・チェンジ」の一環である「ベター コットン イニシアティブ」を通じて、責任あるコットン製品の生産活動を支援。古いデニムの回収とリサイクルを行なうサプライヤーと提携するとともに、製造工程に必要な石の使用や水の量を減らす取り組みを行っている。環境に配慮したデニムを製造するためのこうした努力は、コットン100%を持続的に調達し、2025年までにすべての製造工程において水の使用を20%削減するという目標に向けて踏み出したラルフ ローレンにとって、きわめて重要な一歩となっている。デニムにフォーカスしたラルフ ローレンの新グローバルキャンペーンと、サステイナビリティな取り組みに注目してみて。

■RALPH LAUREN「Wear Your Story」

お問い合わせ:ラルフ ローレン TEL 0120-3274-20

https://www.ralphlauren.co.jp/