CALVIN KLEIN Underwearの2019年秋グローバル広告キャンペーン「#MYCALVIN IRL」を発表 スーパーモデルのナオミ・キャンベルやベラ・ハディッド、ミュージシャンのレイなどが登場


CALVIN KLEIN(カルバン・クライン)は、CALVIN KLEIN Underwear(カルバン・クラインアンダーウェア)2019年秋の広告キャンペーンを発表。『#MYCALVINS IRL(In Real Life リアルな日常で)』を掲げ、ふたつのまったく異なる視点からセクシーなルックスとは何かを考える。そうすることで、世間のイメージどおりの自分と、プライベートな姿を臆さず見せるリアルな自分との境界線がぼやけ、こう尋ねる声が聞こえてくるでしょう。「あなたは『セクシー』をどう表現しているの?」完全にフィルターを通して? それともリアルな日常をそのままに?本キャンペーンは豪華な面々を迎えて展開され、彼らの持つ繊細さと大胆さとにより、”セクシー”にまつわる斬新で生き生きした発想を生み出すのに違いない。スーパーモデルのナオミ・キャンベル、DJで音楽プロデューサーのディプロ、俳優のジェイコブ・エローディ、NFLスター選手のオデル・ベッカム・ジュニア、モデルのマシュー・ノズカ、ミュージシャンのベス・ディットーとレイはCALVIN KLEINのキャンペーンに初登場。他に女優のジェリー・リン、スーパーモデルのベラ・ハディッド、モデルのカーラ・テイラーを迎え、それぞれが、ありのままの自分でいることを楽しみ、自分の流儀でCalvin Kleinを着こなしている。『#MYCALVINS IRL』キャンペーンは独自の視点で、気取ったポーズをとる”セクシー”も、飾りを脱ぎ捨てた”セクシー”も逃さず捉えている。”セクシー”に向けた遊び心あふれるピュアな視線が生き生きと輝く、バルディア・ゼイナリによる迫力あるビデオ映像や、ダニエル・ジャクソンが捉える表情豊かなスチール写真の数々も公開。自分を表現する人を応援し、”セクシー”は自分の心が決めるもの、と主張していく。これまでの#MYCALVINSの活動を継続するかたちで、動画によるアプローチを中心に、デジタルやソーシャルな空間、強いインパクトを期待できる屋外ロケーションでのキャンペーン活動が展開される。本キャンペーンが重点を置くのは、メンズとウィメンズを扱う「ネオン」や「1981ボールド」、テーラースタイルのブラを扱うウィメンズ専用の「リキッドタッチ」など、アンダーウェアの新ライン。カルバン・クラインアンダーウェアの2019年秋グローバル広告キャンペーンで、”セクシー”なルックスとは何かを考えてみてはいかが。

ナオミ・キャンベル

ディプロ

ジェイコブ・エローディ

オデル・ベッカム・ジュニア

マシュー・ノズカ / ベラ・ハディッド

ベス・ディットー

レイ

ジェリー・リン

ベラ・ハディッド

カーラ・テイラー

■CALVIN KLEIN Underwear 2019年秋広告キャンペーン「#MYCALVINS IRL」

https://www.calvinklein.com