WOOLRICHが2019年秋冬シーズンよりロゴマークを刷新 ”原点回帰”をテーマに現代的な解釈を融合させた2019 F/W COLLECTIONを発売

180年を超えるWOOLRICH(ウールリッチ)の歴史の中で、時代と共にブランドの在り方やロゴの変遷などを経て、2019年秋冬シーズンよりブランドのロゴマークを刷新。原点回帰をテーマに現代的な解釈を融合させた2019 FALL/WINTER COLLECTIONは、ウールリッチの原点であるウールファブリックやバッファローチェックを巧みに取り入れ、どこか懐かしいアメリカの雰囲気を持ちながらも都会的でドラマティックなアイテムで構成されている。かつてアメリカ海兵隊へウール製品を供給していた歴史から、兵士の肩章色である”Scarlet Red”という朱色をアクセントに、オリーブ、ネイビー、オレンジなどのミリタリーを想わせるカラーパレットがラインナップ。今季最も注目したいのが「オーバーシャツ」。ウールリッチが寄り添ってきたアウトドアシーンにおける定番アイテムとして、多くのファンに着用されてきた。近年ではダウンジャケットのイメージが強いウールリッチだが、かつてはウールのオーバーシャツやジャケットこそがウールリッチの代名詞だった。クラシックなムードのファブリック、カラーやディテールを取り入れたオーバーサイズなサイズバランスやシルエット、そしてフリンジなどのディテールのアップデートで、ボーイッシュにもフェミニンにも着られるウールシャツに変貌。肩の力を抜きながらもどこかエレガンスの漂う様は、今季提案する新しいクラシックルックとなっている。メンズコレクションも同様、ウール素材やバッファローチェックのデザイン、ミリタリーを想起させるカラーパレットを豊富に取り入れたコレクションを展開。今季のコレクションの中で特に拡充しているのが”NO FUR”カテゴリーのダウンジャケット。動物愛護の観点から、リアルファーを使用しない潮流が世界的に大きくなっている中、革新的な技術発展により合成繊維から作りだされるリアルな触感のエコファーを使ったアイテムや、ファー無しのアイテムが数多く展開される。また、Jeff Griffin(ジェフ・グリフィン)率いるイギリスのブランド”GRIFFIN(グリフィン)”との3シーズン目のコラボレーションとなるカプセルコレクションも展開。サーキュラーエコノミーとサスティナブルをテーマに環境への影響を配慮した、エコファブリックを取り入れている。今季、日本にて展開される本コレクションの全てのアイテムにエコラマークロス(オーガニックコットン×リサイクルナイロン)を採用。エコファブリックへのアプローチとして、海に廃棄された800万トン以上の廃棄物から40%をリサイクルし再生された100%リサイクルのリップストップポリエステルが使用されている。”SECOND LIFE”は、ウールリッチのデッドストックの生地を使用した限定コレクションとなっている。WOOLRICH 2019 FALL/WINTERコレクションは8月下旬よりウールリッチ直営店および各取扱店舗にて、GRIFFIN × WOOLRICH COLLAABRATIONは11月より発売予定。WOOLRICHの新たなロゴマークと2019 FALL/WINTER COLLECTIONで、ブランドの原点を体感してみてはいかが。

左:ALASKAN SHIRT ¥51,840 右:BOULDER PARKA FF ¥95,040(共に税込)

左:ALASKAN BUFFALO SHIRT ¥49,680 右:REVERSIBLE WOOL PARKA ¥147,960(共に税込)

左:SECOND LIFE ATLANTIC PARKA ¥213,840 右:SECOND LIFE SHERPA JACKET ¥78,840(共に税込)

 

■WOOLRICH 2019 FALL/WINTER COLLECTION

2019年8月下旬よりWOOLRICH 2019 FALL/WINTERコレクションをウールリッチ直営店および各取扱店舗にて、11月よりGRIFFIN × WOOLRICH COLLAABRATIONを発売予定。

お問い合わせ:WOOLRICH 青山店 TEL 03-6712-5026

https://www.woolrich.jp/