ロモグラフィーが50年代キャデラックのような淡いグリーンの「Diana Mini Picnic」を発売 レトロでドリーミーな写りを楽しめるポケットサイズの35mmフィルムカメラが登場

lomography(ロモグラフィー)は、夏らしい淡いグリーンの「Diana Mini Picnic(ダイアナ ミニ ピクニック)」を、8月7日より発売。50年代キャデラックのような淡いグリーンのボディが特徴のDiana Miniは、ピクニックや旅行に持って行きたくなるような爽やかなデザイン。スクエア、ハーフフレームの写真が撮れるので、思い出をたくさん記録することができる。Dianaのレトロでドリーミーな写りを楽しめるポケットサイズの35mmフィルムカメラが登場。ソフトフォーカスでレトロな写り、写真の四隅が暗くなるビネット効果。ハーフフレームでは約72枚、スクエアフレームでは約36枚の撮影が可能となっている。無制限の多重露光が可能で、バルブモードも搭載。フラッシュ用カラーフィルターも付属されている。lomographyは、クリエイティブで実験的なアナログ写真に情熱を燃やす世界規模のコミュニティー。1992年に初めてオリジナルのLC-Aカメラに出会った時からずっとわくわくするような商品を開発し、写真の楽しみを広げ続けている。ビビッドでユニーク、そして時には手ブレ全開のクレイジーな写真でさえ楽しむ—そんな常識にとらわれない精神でたくさんの実験的なカメラやフィルム、レンズ、アクセサリーを生み出し、世界中の何百万人もの愛好者(=ロモグラファー)とともに写真の楽しさを広めようと考えている。夏らしい淡いグリーンのlomography「Diana Mini Picnic」で、たくさんの思い出をレトロな写真で残してみてはいかが。

■lomography「Diana Mini Picnic」

2019年8月7日(水)発売 / ¥11,800(税込) / オンラインショップ(https://shop.lomography.com/jp/diana-mini-and-flash-picnic)

https://www.lomography.jp/