Salvatore Ferragamoより多様性に溢れる現代の社会を反映した新たなシューズコレクション「Refracted」が登場 光の反射もデザインされたミラーヒール、スタイルが全く異なる5タイプがラインナップ

Salvatire Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ)は、2019年秋冬シーズンに向け、多様性に溢れる現代の社会を反映した新たなシューズコレクション『Refracted』を発表。今回初めて登場するのは、クリエイティブディレクターPaul Andrew(ポール・アンドリュー)により新たにデザインされた、スタイルが全く異なる5つのタイプのシューズ。すべてのヒール部分は、思いがけない光の反射をするようにデザインされた、ミラーヒールとなっている。この革新的なシェイプをしたヒールの高さは、1cm、5.5cmそして10.5cmの3種類。素材には、超軽量でありながら耐久性が高いプラスチックが使われており、ハイテンシルの亜鉛メッキされたメタリックシェルでコーティング。レーザー彫刻を施したヒールには、トポグラフィー(地形)を連想させる凹凸があり、不規則な三角形のファセットから構成されている。こうした形状の外観とメタリック仕上げの相乗効果により、周囲から光があたるとそれは思いもしないような屈折をし、独特な輝きを放つ。ポール・アンドリューは「今回の『Refracted』は、1939年にサルヴァトーレ・フェラガモがデザインした革命的なコラム ヒールをベースとしたフラワー ヒールをさらに発展させたものです。今回は、私たちが生きる2019年の世界を映したデザインにしたいと思いました。そこで、ヒール部分は、光を遊ばせるために表面をランダムに仕上げ、不規則性と多様性、つまり、数シーズンにわたりコレクションのテーマになっているブランドの信条である”Patchwork of Characters(パッチワーク オブ キャラクターズ)”の真髄と美しさを表現しています。このヒールは、見るたびに違った顔を見せてくれるでしょう。そしてこれは、パワーでもあるのです。」とコメント。2019年秋冬シーズンの『Refracted』シューズは5つのスタイルがバリエーション豊富に登場し、アッパー素材にはナパ、スエード、パテントレザーそしてクリスタル刺繍入りシルクサテンが使用され、幅広い選択肢の中から色を選択できる。今後も、この新しいアイコニックなヒールを特徴とするリッチでバラエティに富んだシューズセレクションが展開されていく。私たちを取り巻く、多様性に富み、絶え間なく変わっていく世界がモチーフとなっているサルヴァトーレ フェラガモの『Refracted』から好みのミラーヒールシューズをセレクトして!

■Salvatore Ferragamo『Refracted』

全国のフェラガモブティック、フェラガモ公式オンラインストアにて発売中

お問い合わせ:フェラガモ・ジャパン TEL 0120-202-170

www.ferragamo.com