令和最注目の人気若手俳優・宮沢氷魚が今泉力哉監督最新作『his』で映画初主演!LBGTQをテーマに男性同士の恋愛という新境地に挑む「絶対に引き受けたいと思った」

ドラマ「偽装不倫」(日本テレビ)で話題沸騰中の人気若手俳優・宮沢氷魚(みやざわ ひお)は、2020年1月24日公開の映画『his』で映画初主演を務める事が決定。周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり、田舎にやってきた主人公・井川迅を演じる。メガホンを取るのは、大ヒット映画「愛がなんだ」の今泉力哉(いまいずみ りきや)監督。迅の恋人・日々野渚役には藤原季節(ふじわら きせつ)を迎え、男性同士の恋愛という新境地に挑む。宮沢は、「初主演映画を今泉力哉監督はじめ、素晴らしいキャスト、スタッフのみなさんと作れたことをとても嬉しく思っています」と喜びを語ると、「僕は光栄なことに、小さい頃から多国籍、多文化な環境で育ちました。同級生にはゲイ、バイセクシュアルの人もいて、LGBTQへの認識や理解は常識だと勝手に思っていましたが、日本ではまだまだそんなことはなく、何もできない自分にむずむずしていました。今回このお話が来て、素直に嬉しく、絶対に引き受けたいと思いました」とコメント。「僕が演じる井川迅はゲイであることを隠してひっそりと田舎で生きている青年。本作は同性愛を綺麗に描写したものではなく、美しさ、醜さ、愚かさ、純情さ、など人間の生き様そのもの描いています。性別を超え、人を愛し、人に愛されるということはどういうことなのか、その全てが詰まっています。この作品が一人でも多くの人に届き、迅という役を通して想いが伝わることを心より願っています」とアピールしている。本映画は、春休みに江の島を訪れた男子高校生・井川迅と、湘南で高校に通う日比野渚。二人の間に芽生えた友情は、やがて愛へと発展し、お互いの気持ちを確かめ合っていく。しかし、迅の大学卒業を控えた頃、渚は「一緒にいても将来が見えない」と突如別れを告げる。出会いから13年後、迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。ある日、6歳の娘・空(そら)を連れた渚が迅の前に現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻と娘の親権を争っていることを伝え、「結婚して、子供も生まれて、この生活を大事にしていこうって誓ったんだ。でも、無理だった。俺、迅がいないと生きていけない。」と抑えきれない想いを迅に打ち明け…。というストーリー。今人気の若手俳優・宮沢氷魚が主演を務める今泉力哉監督の最新作映画『his』の公開を楽しみにしていて!

■今泉力哉監督 最新作映画『his』

2020年1月24日(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

https://www.phantom-film.com/his-movie/