Vivienne Westwoodがローズガーデンを包み込んだ様な新たなオーダーメイドのブライダルコレクションを発表

Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)が、ローズガーデンを包み込んだ様な新たなブライダルコレクション「Rose ブライダル 2020 コレクション」を発表。ローズの図像は美しさ、強さ、愛を象徴するものとして長きに亘り英国の文化、芸術、文学、宗教において用いられてきた。本コレクションでは、柔らかなグレーやパステルにヴィヴィアン・ウエストウッドのアーカイブより引用したローズプリントを落とし込み、18世紀の彫刻より影響を受けながらも現代的に表現したコルセットや、英国庭園で見られる花びらの落下を彷彿とさせるドレープを重ねた多層構造のスカートなどを展開。11に及ぶスタイルが発表されたヴィヴィアン・ウエストウッド 2020ブライダルコレクションでは、繊細な生地に英国の植物をフィーチャーし、アトリエのキーデザインノートより引用した伝統的なテーラリングの技術と実験的なカッティングを織り交ぜたアイテムがラインナップ。コラムドレスは繊細なスパンコールがシルクキャディやローズ柄をプリントしたシルクサテンに施されている。ドラマティックなAラインのドレスにはローズ柄のフィルクーペ地、アンティークアイボリーミカド、煌びやかなサテンやアイボリーに同系色のローズ柄を織り込んだ生地を使用。本コレクションは、環境に配慮されたデザインとなっており、シルクやサテン、縮緬といった生地に変わるサスティナブルなヴィスコース生地を採用。シルク生地は天然の蚕の命を奪うことなく、羽化したのちに採集されるピースシルクを使用して4つのコラムドレスが製作された。ヴィヴィアン・ウエストウッドのオーダーメイド ブライダルコレクションは、シーズン毎に展開されるファブリックとシルエットよりそれぞれのブライドの為に製作を行う。ドレスはセミクチュールとしてヴィヴィアン・ウエストウッドが誇るロンドンのクチュリエの職人達の手によって丹念に仕上げられる。ローズガーデンを包み込んだ様なヴィヴィアン・ウエストウッド「Rose ブライダル 2020 コレクション」でドラマティックなクチュリエの世界を体感して。

■Vivienne Westwood「Rose ブライダル 2020 コレクション」

https://www.viviennewestwood.com/en/bridal/bridal—made-to-order/