サカナクション・山口一郎の『NF』プロデュースによる光×音×テクノロジーがミックスした次世代のサウンド・インスタレーション「ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-」 をGINZA SIX ガーデンにて開催

サカナクション・山口一郎

サカナクション・山口一郎が発起人である『NF』がプロデュースした光×音×テクノロジーがミックスした次世代のサウンド・インスタレーション「ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-」 を、8月6日から10月31日まで、銀座エリア最大級の複合商業施設”GINZA SIX”の屋上庭園”GINZA SIX ガーデン”にて開催。音楽のみならず、ファッションやアート、テクノロジーなど様々な分野を取り上げ、音楽に関わる音楽以外の新しいカタチを提案するプロジェクト『NF』がサウンドクリエイションを手掛け、地上約56mに位置する銀座最大の面積を誇る屋上庭園を、音と光とテクノロジーがミックスした空間に演出。『NF』として、参加型インスタレーションのプロデュースおよび屋上・長期開催は初の試みとなり、銀座の夜の街並みを背景に、来場者が主役となる”作曲者がいないオーケストラ”を楽しむことができる。サウンドクリエイションは『NF』の山口一郎(サカナクション)と黒瀧節也(音楽家、選曲家、サウンドデザイナー)がプロデュース。GINZA SIXの屋上庭園からインスピレーションを得た36の音色を表現する。水盤エリアと芝生エリアには「オーケストラの演奏台」をイメージした6つの6面体のモニュメントと、それを小編成オーケストラが囲うように光の柱を設置。来場者がモニュメントを打楽器のように叩くことで、音と光が連動していくインタラクティブな体験をすることができ、それぞれ独立したモニュメントは合計36種類の音色と光を発し、複数の体験者によって共鳴するよう空間全体で音楽を奏で、30分に1回、約30秒間の特別演出を実施。オーケストラが演奏前に一斉に調律をするように、『NF』によって作りだされた音と光に会場全体が包まれる。また、「ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-」の空間を活かした”音”に関連したアーティストイベントも開催予定(詳細は8月6日よりGINZA SIX公式ホームページにて公開予定)。館内各所にて『NF』によるメイキングも見ることができる。サカナクション・山口一郎の『NF』プロデュースによる次世代のサウンド・インスタレーション「ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-」 で、銀座の夜景を背景に音と光のテクノロジーを堪能してみてはいかが。

黒瀧節也

 

■GINZA SIX「ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-」

2019年8月6日(火)~10月31日(木)GINZA SIX 屋上「GINZA SIX ガーデン」にて開催 ※8月26日(月)GINZA SIX店舗休業日も入場可能。招待制イベントの開催や天候により中止となる場合があります。/ 日没~23:00まで ※入場料無料

https://ginza6.tokyo/