Reebok CLASSICから1995年に登場し”パープル”の通称で高い人気を誇る「INSTAPUMP FURY OG ”PURPLE”」を発売 25周年アニバーサリーに合わせ満を持して復刻

Reebok(リーボック)は、歴代の名作を中心に展開するカジュアルラインReebok CLASSIC(リーボック クラシック)において、今年発売25周年を迎える代表的なモデル”INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)”から、1995年に登場し”パープル”の通称で今なお高い人気を誇る「INSTAPUMP FURY OG ”PURPLE”(インスタポンプフューリー OG ”パープル”)」を、8月2日より発売。1995年に第3弾カラーとして発売され、ファーストカラーの”シトロン”、セカンドカラーである”サックス”の2モデルは「前期型」と呼ばれる一方、第3弾の”パープル”からはモデルチェンジされ、INSTAPUMP FURYのなかでも「後期型」と呼ばれている。「前期型」と「後期型」は、ソールの構造が大きく異なり、つま先やシュータン、ヒールのディテールも異なっており、これらは2014年のINSTAPUMP FURY発売20周年時にすべて「前期型」のデザインに変更された。今回は、その「前期型」のスペックを踏襲したモデルでの復刻。”パープル”のカラーリングはコーディネートもしやすく、デニムなど様々なボトムスと相性が良かったことから、90年代のスニーカーブームやストーリートシーンで高い人気を得た。復刻を望む声も多かった人気カラーが、アニバーサリーに合わせ、満を持して登場。25周年を記念してこれまでプロトタイプの初復刻や、ファーストカラーの”シトロン”、”サックス”の発売、5月には2000年にリリースされた「FURY DMX TXT(フューリー ディーエムエックス ティーエックスティー)」の初復刻、そしてスニーカーファンの間で高い人気の「INSTAPUMP FURY OG ”TRICOLOR”(インスタポンプフューリー OG ”トリコロール”)」の復刻など、アニバーサリーを祝うスペシャルモデルが続々と登場している。満を持して復刻したReebok CLASSIC「INSTAPUMP FURY OG ”PURPLE”」に合う、様々なコーディネートを楽しんでみてはいかが。

■Reebok CLASSIC「INSTAPUMP FURY OG ”PURPLE”」

2019年8月2日(金)発売 / ¥19,440(税込) 23.0cm~30.0cm(ユニセックス)

展開店舗:リーボック オンラインショップ、リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京プラザ、あべのHOOP、ららぽーと立川立飛、横浜ビブレ、ららぽーと名古屋みなとアクルス)、リーボック フィットハブ(ららぽーと EXPOCITY、博多キャナルシティオーパ)、ZOZOTOWN、ABC-MART各店、atmos Blue Omotesando、atmos Shibuya、アトモス ハラジュク、Billy’s各店、KICKS LAB.、LITTLE UNION TOKYO、mita sneakers、UPTOWN Deluxe 福岡店

お問い合わせ:リーボック アディダスグループお客様窓口 TEL 0570-033-033(電話受付 平日9:30~18:00)

http://reebok.jp/