Stella McCartneyが地球の未来のために団結し変化をもたらす人々にスポットを当てた「2019年ウィンター広告キャンペーン」を発表 アンバー・ヴァレッタらチェンジエージェントとともに気候変動への対策を訴える

Stella McCartney(ステラ マッカートニー)は、「2019年ウィンター広告キャンペーン」において、Amber Valletta(アンバー・ヴァレッタ)や、自然保護を訴える活動家グループExtinction Rebellion、略してXR(エクスティンクション レベリオン)のメンバーなど、刺激を与え変化をもたらす人々(=チェンジエージェント)とともに気候の変化を訴える。Jane Goodall(ジェーン・グドール)がナレーションを務める本キャンペーンは、意欲的な人々が地球を守るため、ステラとともに一致団結し、影響力を及ぼす機会となることでしょう。英国のフォトグラファーJohnny Dufort(ジョニー・デュフォート)が、のどかなウェールズ海岸を舞台とする印象的なキャンペーンの撮影を担当し、自然の簡素な美を封じ込め、その美を守ろうとするアクティビズム(積極的活動)を称賛。ステラは、ブランドの設立当初からサステナビリティを主眼とした環境にやさしいグリーンファッションを追求し、今回のキャンペーンでは、行動を起こすことの重要性にフォーカス。ブランドの長年の友人であり、これまで幾度となくキャンペーンに登場したアンバー・ヴァレッタがステラの理念を体現するキャストに加わっており、彼女自身のプラットフォームを使って気候変動と闘い、その他の社会問題に対する関心を高めている。XRのメンバーDeya Ward(ディヤ・ワード)、Ruby Munslow(ルビー・マンスロー)、Tori Tsui(トーリ・ツーイ)も、政治運動や映画製作、一般市民の意識向上など、それぞれの方法で地球にポジティブな変化をもたらそうと情熱を傾ける。彼らとともに、モデルのEmma Laird(エマ・レアード)、Chloe Pearson(クロエ・ピアソン)、Chu Wong(チュ・ウォン)、Trinity Hill(トリニティ・ヒル)も彼女たちの活動するフィールドで変化を訴える代弁者として選ばれ、キャンペーンのアクティビストとしての精神を体現。9月より公開予定のデジタルキャンペーンの中のショートフィルムには、著名な英国の環境保護主義者であるJane GoodallによるJonathan Safran Foer(ジョナサン・サフラン・フォア)の感情に訴えかける詩の朗読が含まれている。今回のキャンペーンのために書かれたこの詩は、「ここは私たちが選んで生まれてきた場所ではないけれど、どう生きるか選ぶことはできる。ここは私たちが長い時を過ごす場所、ここで見つけたものにどうしても変化を及ぼしてしまうけれど、よりよいものとして残す選択をすることはできる。ここは、ここだけが、私たちの故郷なのだ」という痛切なメッセージであり、日常生活のアイロニーと真実、そして本当に重要なことを私たちに想起させる。9月より公開予定のソーシャルメディアキャンペーンには、”how to save the world(世界を救う方法)”のシリーズ動画も含まれ、ステラの遊び心を交えて情報を共有し、気候変動の危機をめぐる対話に貢献する。本コレクションは、8月より世界中のステラ マッカートニーのストアと卸売チャネル、オフィシャルウェブサイトにて発売予定。Stella McCartneyの「2019年ウィンター広告キャンペーン」で、私たちの住む地球の気候変動を改めて考えてみてはいかが。

■Stella McCartney 2019年ウィンター広告キャンペーン

2019年8月より世界中のステラ マッカートニーのストア、卸売チャネル、オフィシャルウェブサイトにて発売予定

www.stellamccartney.com