DIESEL RED TAGよりGOSHA RUBCHINSKIYの新しいレーベルGR-UNIFORMAとコラボレートしたカプセルコレクションが登場 20世紀初頭のロシアのアバンギャルドムーブメントが主なインスピレーション

DIESEL RED TAG(ディーゼル レッド タグ)と、モスクワ出身のGOSHA RUBCHINSKIY(ゴーシャ・ラブチンスキー)が手掛けるマルチメディアプロジェクトをベースとする新しいレーベルGR-UNIFORMA(ジーアール・ユニフォーマ)の最新コラボレーションとなるカプセルコレクション『DIESEL RED TAG × GR-UNIFORMA』が登場。DIESEL RED TAGは、DIESEL(ディーゼル)のDNAを理解する新世代の革新的デザイナーを招待し彼らがデザインしたカプセルコレクションを、世界各国の一部の店舗で独占的に発売する画期的なプラットフォーム。2018年から始動し、第1弾ではHOOD BY AIR(フッド・バイ・エアー)のShayne Oliver(シェーン・オリバー)、第2弾はY/Project(ワイプロジェクト)のGlenn Martens(グレン・マーティンス)とタッグを組んだ。ラブチンスキーは、ロシア文化から影響を受けたユーティリティ・ストリートウエアをデザインすることで知られている。その感性を発揮し、仮想のオペラのユニホームをイメージした『DIESEL RED TAG × GR-UNIFORMA』カプセルコレクションを作り上げた。ラブチンスキーは「デニムは今のユースたちにとって重要なワードローブ。90年代後半、自分がティーンエイジャーだった頃もそうだった。DIESELが鮮やかで力強い最初の広告キャンペーンを展開した頃、モスクワに最初のDIESELのショップがオープンしたんだ。DIESELのデニムは僕にとって夢だった。そして今や夢が叶った。 僕はこのような素晴らしいブランドとコラボレーションできることをとてもうれしく思うよ!」とコメント。今回のカプセルコレクションの主なインスピレーションは、アーティストのエル・リシツキーやカジミール・マレーヴィチ、舞台演出家兼プロデューサーのフセヴォロド・メイエルホリド、音楽の先駆者イーゴリ・ストラヴィンスキーらによる、20世紀初頭のロシアのアバンギャルドムーブメント。ロシアの幅広く深い文化背景から得たアイディアに、ワークウェアや90年代のデニムシェイプという現代らしいシルエットを重ね合わせたウエアがラインナップ。DIESELのコアであるデニムはブラック、ホワイト、レッドがメインで、グラデーションカラーでも表現された。ジャケット、ワークウェア、パンツにはスクエアのパッチワークが施されており、スウェットやジャンプスーツにはユーティリティ・スポーツウエアの要素がふんだんに盛り込まれ、そこにはノスタルジックな雰囲気が漂う。また、レザーを組み合わせたウェビングベルト、ラバーソールとデニムやキャンバス地のスニーカーなどのアクセサリー類もラインナップ。『DIESEL RED TAG × GR-UNIFORMA』のカプセルコレクションは、7月27日より一部のDIESELストアとオンラインストアにて発売。20世紀初頭のロシアのアバンギャルドムーブメントからインスピレーションされた、『DIESEL RED TAG × GR-UNIFORMA』のカプセルコレクションをぜひチェックして。

■DIESEL『DIESEL RED TAG × GR-UNIFORMA』

2019年7月27日(土)発売

展開店舗:DIESEL GINZA、DIESEL BLACK GOLD GINZA SIX、DIESEL青山、DIESEL 伊勢丹新宿店(MENS)、DIESEL ONLINE STORE / 特設サイト https://www.diesel.co.jp/news/redtag

www.diesel.co.jp