FENDIが2019-20秋冬メンズコレクションにてKarl Lagerfeldをゲストアーティストとして迎え1度きりの限定コラボレーションを発売 カール・ラガーフェルトの世界が「Karl Collage」プリントとして生きいきと躍動

アウター ¥333,000(+tax)

イタリア・ローマを代表するラグジュアリーブランドFENDI(フェンディ)は、2019-20年秋冬メンズコレクションのゲストアーティストにKarl Lagerfeld(カール・ラガーフェルド)を迎え、1度きりの限定コラボレーションを、7月中旬より発売。フェンディ家3代目のクリエイティブ・ディレクターSilvia Venturini Fendi(シルヴィア・フェンディ)とカール・ラガーフェルドのほぼ生涯にわたって続いてきたメンターとしての絆と、お互いへの尊敬を再認識。主なインスピレーション源は、カール・ラガーフェルドによるフェンディの完全な芸術的ビジョン。50年以上にわたりフェンディを形作ってきたラガーフェルドの説得力ある美意識は、今回初めてフェンディメンズコレクションの共同デザイナーとして、さらに彼自身デザインモチーフとしても活用されている。シルヴィア・フェンディとのコラボレーションを通して、テーラードショルダーの強烈なカットから、シャープなブラックメタリックにきらめくクラシックなニュートラルカラーの色使いに至るまで、ラガーフェルド的なタッチが見られる本コレクション。ユーモアのセンスを分かち合いながら、ウイットに富んだトロンプルイユ(だまし絵)のような手法も多く登場する。ニットやコートの背中をふたつに分けるジッパー使いやレザーやファーに対峙して、軽快さを表現するシルクオーガンジーが象徴。カール・ラガーフェルドの描いたスケッチからは、ユニークなアシンメトリーなデザインの襟が誕生。右側はショールカラー、左側はノッチド・ラペルの遊び心あふれるデザインが、シャープなブレザーやコートのアクセントになっている。さらに、カール・ラガーフェルドの世界が「Karl Collage(カールコラージュ)」プリントとして生きいきと躍動。カール・ラガーフェルドが描いたイラストやロゴ、文字、ヴィンテージの写真などが、デジタルプリントのシルクシャツやコート、さらにシアーメッシュのかばんなどを通して、非凡な才能をもつデザイナーの創作プロセスのストーリーを物語る。フェンディとカール・ラガーフェルドの1度きりの限定コラボレーションから、カールの素晴らしい才能を改めて感じてみては。

アウター ¥565,000(+tax)

左:ウォレット ¥47,000 / 右:ウォレット ¥79,000(共に+tax)

左:ウォレット ¥52,000 / 右:¥66,000(共に+tax)

左:¥37,000 / 右:クラッチバッグ ¥99,000(共に+tax)

左:バッグ ¥694,000 / 右:バッグ ¥826,000(共に+tax)

左:バッグ ¥1,010,000 / 右:ベルトバッグ ¥1,010,000(共に+tax)

左:バックパック ¥185,000 / 右:ベルトバッグ ¥115,000(共に+tax)

左:シューズ ¥99,000 / 右:シューズ ¥110,000(共に+tax)

 

■FENDI Men’s Fall/Winter 2019-2020 Collection “Guest Artist” Karl Lagerfeld

2019年7月中旬より発売

お問い合わせ:フェンディ ジャパン TEL 03-3514-6187

www.fendi.com