MAISON KITSUNÉがクリエイティブディレクターYuni Ahnディレクションの下、初となるキャンペーンルックを公開 アメリカ・カリフォルニアにてFall-Winter 2019/20キャンペーンを撮影

MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)は、クリエイティブディレクターYuni Ahn(ユニ・アン)によるディレクションの下、初となるキャンペーンルックを公開。ブランドの新たなチャプターの幕開け。ブランドのルーツである音楽、そしてハウスミュージックの黄金期である90年代を探求するMAISON KITSUNÉ Fall-Winter 2019/20コレクションは、シャープな印象のテーラリング、ストリートウェアから影響を受けたアイテム、エフォートレスでウェアラブル、そして着心地の良さに重点を置いたデザインがラインナップ。今年1月、パリファッションウィークにてブランド初となるプレゼンテーション方式で発表された「HOUSE KITSUNÉ」コレクションは、Yuni AhnによるMAISON KITSUNÉのビジョンが確立されている。本コレクションのキャンペーンはアメリカ・カリフォルニアのZuma Beachで撮影され、海沿いの街に住む若者の日々の生活を記録。グレースケール&カラフルなフォトグラフや、ごく日常的な風景が切り取られたムービーなど、静と動にフォーカスした独特なアプローチで、非常にリアルかつユースのエネルギーを感じさせるベストな瞬間を捉えている。クリエイティブディレクターYuni Ahnディレクションの下、初となるキャンペーンルックでMAISON KITSUNÉの新たなチャプターの幕開けをぜひチェックして。

©Sam Rock

©Eddie Whelan

 

■MAISON KITSUNÉ Fall-Winter 2019/20コレクション キャンペーンルック

maisonkitsune.com