Stella McCartneyがアイコニックなビートルズのアニメ映画「Yellow Submarine」にインスピレーションを受けた『All Together Now』コレクション&キャンペーンを発表

Stella McCartney(ステラ マッカートニー)は、アイコニックなビートルズのアニメ映画「Yellow Submarine(イエロー・サブマリン)」にインスピレーションを得た『All Together Now(オール トゥゲザー ナウ)』コレクション&キャンペーンを発表。その心意気を蘇らせ、平和と愛、トゥギャザーネスというメッセージを新世代の人々に届ける。この映画のレガシーとステラの家族としての関わりから生まれる思いから触発された本コレクションは、このユニティー(結束)というステートメントメッセージを若い世代を含む現代のオーディエンスに向け、チェンジ(変わるべきこと)の主役になるよう発信している。人気急上昇中のアーティストたち、KEYAH/BLU、Joy Crookes(ジョイ・クルックス)、Oscar Jerome(オスカー・ジェローム)、Femi Koleoso(フェミ・コレオソ)が出演するキャンペーンフィルムは、カラフルな世界を駆け抜けるサイケデリックなアドベンチャー。ステラ マッカートニーのDNAの核となっているプレイフルな茶目っ気や、くったくのないアティチュードで音楽のパワーを称えている。キャンペーンでは、新作『All Together Now』コレクションの中で映画「イエローサブマリン」のシーンやモチーフにダイレクトにインスパイアされた最もアイコニックなアイテムをフィーチャー。クラシックなアイテムはポップアートのポートレートやグラフィックテキストを加え、ドレスにはビビッドなプリントが活気をもたらし、アウターウェアには折衷的な刺しゅうが施されている。いずれのアイテムもそれぞれ力強いメッセージ性があり、ユニークでいきいきとした色使いは、オリジナル版のアート作品に敬意を表しながら、現代的な視点も表現。本コレクションには、ウィメンズ、メンズRTW 、キッズウェアコレクションの全コレクションで展開。ステラマッカートニーブランドは、2001年の設立以来、同社の使用するリソース資源やそれが環境に与える影響に関して、しっかりと責任を持つ現代企業だという姿勢を貫いてきた。”ベジタリアンブランド”として、デザインにレザーやファー、フェザーを一切使用することはなく、倫理的な理由と環境への配慮というつの観点から、各種の代替素材の使用をスタンダードとしている。『All Together Now』コレクションは、世界中のステラマッカートニーのストアと卸売チャネル、オフィシャルウェブサイトにて6月末より発売されており、本コレクションのデジタルキャンペーンは、www.stellamccartney.com、ステラマッカートニーのソーシャルメディア上にて7月8日より公開中。日本では、7月13日より青山店にて先行発売、他ストアでは7月19日より展開をスタート。映画「Yellow Submarine」の持つポジティブなメッセージにインスピレーションを受けたStella McCartney『All Together Now』コレクション&キャンペーンを、チェックしてみて。

KEYAH/BLU

Joy Crookes

Oscar Jerome

Femi Koleoso

■Stella McCartney『All Together Now』

2019年6月末より世界中のステラマッカートニーのストア、卸売チャネル、オフィシャルウェブサイトにて発売

www.stellamccartney.com