FENDIが伝説的アイコンバッグ”バゲット”のメンズバージョン「Baguette for Men」を発売 現代のフェンディ・マンのライフスタイルにフィットするよう再構成されて新登場

FENDI(フェンディ)は、2019年ウィメンズ春夏コレクションで復活したレジェンドとも言えるBaguette(バゲット)バッグのメンズバージョン「Baguette for Men(バゲット フォー メン)」を、7月15日より、世界のフェンディ直営店とfendi.comにて発売する。フェンディ 2019‐20年秋冬メンズコレクションのランウェイに初めて姿を見せたのは、1997年にSilvia Venturini Fendi(シルヴィア・フェンディ)がデザインしたあのアイコニックなバッグが、現代のフェンディ・マンのライフスタイルにフィットするようにと、再構成されて新登場。新たに3つのサイズ(マキシ、レギュラー、ミニ)と新しいプロポーションの「Baguette for Men」は、ローマを代表するメゾン、フェンディのサヴォアフェールと、細部へのこだわり、限りなく生まれるクリエイティビティを表現するために、様々な素材で仕上げられている(貴重なクロコからミンク、メゾンを代表するSelleria(セレリア)レザーまで)。モダンなスタイルの新作バゲットには、フェンディが大切にしているコンテンポラリーな機能性が見られ、ストラップを調節することにより、クロスボディ、ハンドバッグ、さらに必要な物をすべて収納できるクールなベルトバッグとして、いくつもの方法で身につけることができる。メンズウェアにおける新しい発信となるアイコニックなバゲットバッグは、フェンディのDNAを忠実に継承し、タイムレスなクリエイティビティとメゾンの限りないクラフツマンシップを純粋に表現しながら、常に進化と変化を遂げている。また、7月16日まで、2019‐20年秋冬メンズコレクションの新作を一同に会したポップアップイベントを、伊勢丹新宿店メンズ館1階にて開催中。”フェンディ ライブラリー”をテーマに開催中の本イベントでは、ランウェイでひと際高い注目を集めた新作バッグ「Baguette for Men」が先行発売するほか、限定バッグやレディ・トゥ・ウェアもラインナップ。ゲストアーティストにKarl Lagerfeld(カール・ラガーフェルド)を迎え、パリにある大きな書庫(ライブラリー)を備えたカール・ラガーフェルドのアトリエと、ローマにあるフェンディのアトリエとを途切れることなく結びつける手書きのメモやイメージ、スケッチが、コラージュプリントとしてコレクション全体を彩る。FENDIの新作バゲット「Baguette for Men」と2019‐20年秋冬メンズコレクションをチェックしに、ポップアップイベントへ足を運んでみてはいかが。

各¥431,000(+tax)

各¥304,000(+tax)

 

■FENDI「Baguette for Men」

2019年7月15日(月)世界のフェンディ直営店とfendi.comにて発売

7月3日(水)~16日(火)フェンディ メンズ ポップアップ イベント / 伊勢丹新宿店メンズ館1階(東京都新宿区新宿3-14-1) 10:00~20:00

お問い合わせ:フェンディ ジャパン TEL 03-3514-6187

www.fendi.com