Christian Louboutinが2020年春夏メンズコレクション「Loubi Constellation」を発表するプレゼンテーションを開催 空中ブランコからインスパイアされた記念パーティの会場には世界中のセレブリティが多数来場

Christian Louboutin(クリスチャン ルブタン)は、パリメンズコレクション期間中の6月19日、2020年春夏メンズコレクション「Loubi Constellation(ルビ コンステレーション)」を発表するプレゼンテーションを、デザイナーのお気に入りの博物館の1つであるLe Musée des Arts Forains(縁日博物館)にて開催した。19~20世紀にかけての美しく並外れた移動遊園地の要素を取り入れ、クリスチャンのパフォーマンスやショー、そして幼い頃に好きだった空中ブランコからインスパイアされた会場には、世界中から多くのセレブリティが来場し会場に華を添えた。その夜パリの夜空に輝く星から、プレゼンテーション会場のサーカスで輝くスターである一人一人のゲストまで、クリスチャンの頭の中に広がる宇宙のように壮大なクリエイティビティを形にしたコレクション。輝かない星が存在しないように、今やブランドのトレードマークとも言えるキラキラ輝く素材が今季の主役。煌くパネルとラメのディテールを施した一段と目を引く新作ローカットスニーカーHappyRuiは、1970年代のテニスシューズにインスパイアされ、これまでになかった新しい構造のトゥキャップと、2019年秋冬コレクションで初めて登場した厚めのソールを採用。レザーのタグに配置された、大学スポーツで使われる文字からインスパイアされた新しいロゴも1970年代を想起させる。そして、忘れてはならないエンターテインメントのスター、それはピエロ。クラシックで非常に洗練されたダービーシューズがクリスチャンの手にかかると、サーカスの賑やかさにピエロの靴からインスパイアされた愛らしい捻りが加わり、オーバーサイズのトゥキャップが特徴的なDerbynoseが誕生。エレガントに仕上げるため、シューレースにはリボンを採用した。2013年に初めてローンチしたヌードコレクションは、単なる色ではなくダイバーシティや包括性といったコンセプトを元に制作され、クリスチャンにとって常に重要なコレクション。今季ついにメンズシューズのヌードコレクションが登場する。Louis Juniorスニーカー、Montezupikモカシン、Nanouエスパドリーユ、そしてPool Studサンダルといったブランドの象徴的な4型が、8色のヌードカラーで発売される。本コレクションはバッグにも落とし込まれ、外出先でもスマートフォンをワイヤレスで充電できる最先端の新作バッグLoubilabポーチやParisnycベルトバッグ、Kypipouchのように実用的なミニバッグをヌードカラーで展開。Red RunnerやSpike sockスニーカーのような熱狂的な今をときめくスタイルと共に、DandelionやOn the Nileモカシンといったタイムレスなシルエットも再び登場する。バッグやアクセサリーコレクションには、新しい革新的な素材が用いられており、それは明るい光が当てられた時に突然美しいレインボーカラーへと早変わりする、魔法のような超軽量素材。非常にしなやかで新しいこの素材は、これまでロゴとスタッズで表現されてきた星が散りばめられた夜空の星座を思わせるLoubintheskyパターンで装飾されている。クリスチャンの頭の中に広がる宇宙のような壮大なクリエイティビティを形にしたクリスチャン ルブタンの2020年春夏メンズコレクション「Loubi Constellation」を、ぜひチェックしてみて。

Jaen Paul Paula

左:Christian Louboutin / 右:Kiddy Smile

Robin S

Charles Melton

Mika

Quincy Brown

左:Darren Criss / 右:Maluma

Montezupik loafer

Kypipouch

Loubinthesky

左:Spike sock / 右:Red Runner

左:Dandelion / 右:On the Nile

右:Loubiclick Body bag / 右:Loubiphone kios

 

■Christian Louboutin 2020年春夏メンズコレクション

www.christianlouboutin.com