LOEWEが”インターナショナル クラフト プライズ2019”のファイナリストに選出された29名のアーティストの作品を展示する「ロエベ ファンデーション クラフト プライズ」展を開催

LOEWE(ロエベ)は、”インターナショナル クラフト プライズ2019”のファイナリストに選出された29名のアーティストの作品を展示する「ロエベ ファンデーション クラフト プライズ」展を、6月26日から7月22日まで、草月会館(東京赤坂)にあるイサム・ノグチ作 石庭『天国』にて開催する。3回目となるロエベ クラフト プライズでは様々な技術、媒体および表現方法を見ることができ、ファイナリストの構成も、新卒、新進、有名どころ、その分野の第一線で活躍するアーティストまで多岐に渡る。ロエベ クラフト プライズ2019は、ファイナリストがコンテンポラリークラフトの発展にもたらした貢献の大きさを称えるものであり、各ファイナリストの作品は特製カタログに掲載される。毎年開催される同プライズは、2016年にロエベ ファンデーション(財団)が立ちあげたもの。現代のクラフトマンシップにおける卓越性、芸術的価値、そして新しさを称えることを目的としており、本年のファイナリストは、100か国以上の国のアーティストから応募された2,500を超える作品の中から、専門委員会により選出された。応募作品数は前年から44%増加しており、クリエイティブ分野における同プライズの重要性と影響力が国際レベルで高まっていることを示していると言える。ロエベのクリエイティブ ディレクターJonathan Anderson(ジョナサン・アンダーソン)が発案した同プライズは、今日の文化におけるクラフト(工芸)の重要性を認知すること、また、未来の新たなスタンダードを創出する革新的な才能やヴィジョン、および意志を有するアーティストを評価することを目的としている。ロエベが1846年に数人の職人の工房として始まったことに対するトリビュートとして発案された。2019年は、9名の専門家で構成される委員会が、マドリッドで2日間に渡り全ての応募作品を審査してファイナリストを選出。その選考過程では、技術的成果、革新性および芸術観という点において優れた作品であることが重視されている。ロエベ クラフト プライズ2019のウィナーは、ロエベ クラフト プライズ2018ウィナーであるジェニファー・リーを含む、デザイン界で活躍する人物11名で構成される審査委員により、今回選ばれた29人のファイナリストの中から選出され、優勝者には50,000ユーロを授与。結果発表は、6月25日に東京の草月会館にあるイサム・ノグチ作 石庭『天国』にて展示され、ロエベ クラフト プライズ2019のオープニングイベントにて行われる。ファイナリスト29名の作品が堪能できる「ロエベ ファンデーション クラフト プライズ」展へ、足を運んでみてはいかが。

左:平井明子 / 右:アニー・ターナー

左:エルカ・サダ / 右:石塚源太

左:井尾鉱一 / 右:西川雅典

左:藤掛幸智 / 右:中田真祐

左:道川省三 / 右:ミハル・ファーゴ

左:ルット・ペタース / 右:ジャンパオロ・バベット

左:Youngsoon Lee / 右:Minhee Kim

エルカ・サダ

左:ハリー・モーガン / 右:Heeseung Koh

左:橋本智成 / 右:ジョヴァンニ・コルヴァヤ

左:Kye-Yeon Son / 右:ジョン・エリック・バイヤーズ

ソフィー・ローリー

左:JingFeng Fang & Mi Dong / 右:森 順子

左:高樋 一人 / 右:アンドレア・ウォルシュナ

 

■ロエベ ファンデーション クラフト プライズ

2019年6月26日(水)~7月22日(月)草月会館(東京赤坂)にて開催 ※入場料無料 / 11:00~19:00(金曜日のみ20:00まで) 無休 / 毎週土曜14:00~は、川上典子をモデレーターにスペシャル・ゲストを招いたトークセッションを開催予定。ご希望者は時間前にご来場ください(人数多数の場合は先着)。

お問い合わせ:ロエベ ジャパン カスタマーサービス TEL 03-6215-6116

http://loewecraftprize.com/jp