Salvatore Ferragamoから”ウィーンのコーヒーハウスチェア”よりインスピレーションを得たレーザーカットの夏らしいアイテムが登場 1930年代に発表された「フラワーヒール」をポール・アンドリューが再解釈

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ)から、”ウィーンのコーヒーハウスチェア”よりインスピレーションを得たレーザーカットの夏らしいアイテムが人気のモデルで登場。ブランド創設者のサルヴァトーレ・フェラガモにより1930年代に発表された「フラワーヒール」を、クリエイティブ ディレクターであるPaul Andrew(ポール・アンドリュー)が再解釈し、新たなプロポーション、贅沢な素材とハイテク素材のユニークな組み合わせにより新しくアップデートした。そのフラワーシューズに新素材として、夏らしいレーザーカットのアイテムが新登場。”Paglia di Vienna”と呼ばれる八角形パターンの麦藁編みが特徴であるウィーン家具に使用されたクラフツマンシップにインスピレーションを得たレーザーカットシリーズは、アイコニックなラインに意外性のある素材を組み合わせることによりクラシックでありながら、モダンでスタイリッシュなデザインに仕上げている。5.5cmヒールのパンプス、3cmヒールのミュールに加え、この時期にぴったりのエスパドリーユやモカシン、そしてバッグ、革小物での幅広い展開となっている。これらのアイテムは、全国の直営店他、公式ホームページにて購入することができる。Salvatore Ferragamoの新たにアップデートされたアイコニックなフラワーヒールを履いて、この夏のお洒落を楽しんでみて!

■Salvatore Ferragamo

お問い合わせ:フェラガモ・ジャパン TEL 0120-202-170

http://www.ferragamo.com