VIKTOR & ROLF(ヴィクター&ロルフ)が”FASHION STATEMENTS”をテーマとした2019春夏オートクチュール カプセルコレクションをDOVER STREET MARKET GINZAにて発売

イスラエル生まれのViktor Horsting(ヴィクター・ホスティン)とオランダ生まれのRolf Snoeren(ロルフ・スノラン)により1993年に設立されたブランドVIKTOR & ROLF(ヴィクター&ロルフ)は、2019春夏オートクチュール カプセルコレクションを、DOVER STREET MARKET GINZA(ドーバー ストリート マーケット ギンザ)4Fにて発売。SNSのキャプションに着想を得て生まれた今回のコレクションテーマは”FASHION STATEMENTS”。ボリューミーでカラフルなチュールドレスには、「SORRY IʼM LATE I DIDNʼT WANT TO COME」「GIVE A DAMN」「NO」「GO TO HELL」「LESS IS MORE」「I WANT A BETTER WORLD」「LEAVE ME ALONE」「GO F* YOURSELF」などのテキストが大きく施され注目を浴びたコレクションとなった。今回発売のカプセルコレクションは、コレクションピースで登場したテキストのアートワークが施されたチュールのTシャツ(¥28,000~¥71,500+tax)、スウェット(¥84,500+tax)、ジャケット(¥112,500+tax)、ドレス(¥56,500~¥124,000+tax)などのアイテム。1Fエレファントスペースでは、実際にコレクションで使用された貴重なコレクションピースがディスプレイされている(展示は6月25日まで)。キャッチーなVIKTOR & ROLF 2019春夏オートクチュール カプセルコレクションを着て、SNSに発信してみてはいかが。

■VIKTOR & ROLF HAUTE COUTURE SS19 CAPSULE COLLECTION AT DOVER STREET MARKET GINZA

ドーバー ストリート マーケット ギンザ(東京都中央区銀座6-9-5 ギンザコマツ西館) TEL 03-6228-5080 / 月~日 11:00~20:00

http://www.viktor-rolf.com/