NIKELABが「NIKE x UNDERCOVER」SU19コレクションとデイブレークを発売 静的な状態でのガーメントとその実用性の2つのテーマに挑戦

NIKELAB(ナイキラボ)は、NIKE(ナイキ) x UNDERCOVER(アンダーカバー) SU19 コレクションとUNDERCOVERの2019年春夏コレクションのランウェイで初めて登場したNIKE x UNDERCOVER デイブレーク(7色展開)を、6月7日よりNIKE.COM/NIKELAB、SNKRS、NIKELAB MA5、DSM GINZA、その他一部の販売店にて発売。UNDERCOVER創設者である高橋 盾とナイキは、10年近くに渡りランニングにフォーカスしたGYAKUSOUコレクションを手がけてきた。高橋のランニングへの思いや、流れるような動きと静的な環境との関わり、そして瞑想のような時間をもたらすランニングという行動そのものがコレクションのインスピレーション源となっている。そしてこの夏から、ナイキと高橋は、彼自身のブランドであるUNDERCOVERとの正式なコラボレーションをスタート。NIKE x UNDERCOVERコレクションは、静的な状態でのガーメントと、その実用性という2つのテーマに挑戦。彼の大胆なアプローチによって機能性が高められており、身の周りの必需品を収納することができる。トラック スーツは、フードがポケットとなり、前身頃のカンガルーポケットに加え、後ろ身頃にはジッパー付きのメッシュポケットがつけられている。パンツには左右にカーゴポケット、腰にはジッパー付きメッシュパウチが配置されており、ロングスリーブトップとTシャツの一部にはメッシュ素材が使用されている。ガーメントはいずれも、ベルクロのタブを使いフィット感を調整出来るようになっており、ロング スリーブ トップはウエスト部分の幅を、Tシャツはアームホールの幅を調節することができる。これによりドレープやバランスを自由に調整可能で、自分好みのスタイルに着こなすことができる。UNDERCOVERのブランドテーマでもある”CHAOS BALANCE”のテキストがそれぞれの服に記され、デザイン性とイノベーションを融合させるブランドの哲学を表現。また、高橋が率いるクリエイティブチーム「UNDERCOVER PRODUCTION」が今回のキャンペーンビジュアルを制作。被写体には、日本人パフォーマンスユニットとして世界各地で活躍する”contact Gonzo”を起用し、ダイナミックかつエレガントなコレクションを、躍動感溢れる彼らのパフォーマンスを捉えたビジュアルと映像によって表現している。テクニカルな素材を使用した「NIKE x UNDERCOVER」コレクションで、自由自在に調節してあなた好みのスタイルを楽しんでみてはいかが。

NIKE x UNDERCOVER デイブレーク ¥17,280(税込)

■NIKE x UNDERCOVER SU19 コレクション

2019年6月7日(金)発売 / NIKE.COM/NIKELAB、SNKRS、NIKELAB MA5、DSM GINZA、その他一部の販売店

お問い合わせ:NIKE カスタマーサービス TEL 0120-6453-77

https://www.nike.com/