モンクレール ジーニアスから2019秋冬シーズン第一弾としてフランチェスコ・ラガッツィが手掛ける『8 モンクレール パーム・エンジェルス』が登場 テーマは「アートの破壊」

MONCLER GENIUS(モンクレール ジーニアス)より2019秋冬シーズンの第一弾として、フランチェスコ・ラガッツィが手掛ける「アートの破壊」をテーマとした『8 モンクレール パーム・エンジェルス』が、6月6日より一部のモンクレールブティックと主要セレクトショップ、オフィシャルECサイトにて世界同時発売。フランチェスコ・ラガッツィは扇動者。機能性を損なうことなくモンクレールの本質とダークな一面を掛け合わせた。コレクションを通じて、”パンクスピリット”とも捉えられるプロテストの精神を掲げ、大胆なアーバンシルエットを提案。ボリュームのあるシルエットが特徴的で、ラミネート加工や、まっさらな素材とビンテージ感のある素材の両方を使用することにより、視覚的にコレクションを印象付けている。ラガッツィは、キャンディの包み紙のようなメタリックの色彩からインスピレーションを受けるとともに、それらを破壊し、崇高なアートギャラリーの雰囲気と都会の喧騒が融合するようなイデオロギーを表現している。メタリックなナイロン素材を使用したビッグシルエットのダウンジャケットや、ルーズでロングなシルエットのレイブトラウザーがコレクションのキーアイテムとして登場。さらに、コラージュパターンプリントを全体に配したダウンジャケットや、ブランドネームである”Palm Angels”をグラフィティ調のスプレープリントでTシャツやダウンベストをデザインするなど、ヴァンダリズム(破壊)を表現したアーティスティックなアプローチを用い、コレクションを創り上げている。”マインドコントロール”というスローガンに、パンキーでスパンキーなスタッズによりデコラティブな要素もコレクションに加わっている。幾つかのアイテムには、フロントとバックの両方にジップがデザインされており、バーシティジャケット、ストライプジャンパーやフード付きスウェットシャツ、ロングスカーフといったバリエーションが豊富なラインナップにより、多様な着こなしを提案。モンクレールのロゴは、ネックレスやベルトなどのアクセサリーに使用されており、カラフルなデザインがコーディネートを際立たせる。また、本コレクションのアイテム情報がわかる特設サイトも開設。“1つのメゾン、異なるボイス”をモットーに進化するモンクレール ジーニアスの2019秋冬第一弾、フランチェスコ・ラガッツィによる『8 モンクレール パーム・エンジェルス』を、チェックしてみて。

■モンクレール ジーニアス「8 モンクレール パーム・エンジェルス

2019年6月6日(木)一部のモンクレールブティック、主要セレクトショップ、オフィシャルECサイトにて世界同時発売

お問い合わせ:モンクレール ジャパン TEL 03-3486-2110

www.monclergenius.com / 特設サイト https://www.8-moncler-palmangels.jp/