CALVIN KLEINが思いのままに自分を表現する最新キャンペーン「I SPEAK MY TRUTH IN #MYCALVINS」を発表 いま最も大きな影響力をもつ世界各地の著名人が”自分だけの言葉で自らのストーリー”を語る

CALVIN KLEIN(カルバン・クライン)は、思いのままに自分を表現する最新キャンペーン「I SPEAK MY TRUTH IN #MYCALVINS」を発表。5月9日より、世界規模でスタートし、ビデオ公開を中心とするアプローチを、デジタルメディア、ソーシャルメディア、インパクトのある屋外ロケーションにて展開。半世紀にわたりCALVIN KLEINは、「現状」に疑いの目を向け、挑み抗う存在であり続けてきた。本物の自己表現を奨励することで、本物のつながりを育む土台が築かれ、やがて変化のきっかけが生まれと信じている。最新キャンペーンでは、いま最も大きな影響力をもつ世界各地の著名人が、”自分だけの言葉で自らのストーリー”を語っている。様々なカルチャーを伝えるキャストは、Bella Hadid(モデル)、Kendall Jenner(モデル)、A$AP Rocky(ミュージシャン)、Billie Eilish(ミュージシャン)、Chika(ミュージシャン)、Indya Moore(俳優、活動家)、Kevin Abstract(デジタルメディアアーティスト、映画監督、ミュージシャン)、Noah Centineo(俳優)、Shawn Mendes(ミュージシャン)、Troye Sivan(俳優、ミュージシャン)、Yoo Ah-In(俳優)らを起用。輝きを秘めた才能の原石の持ち主であることから起用され、一人ひとりが目の離せないパワフルな存在感に溢れている。I SPEAK MY TRUTH IN #MYCALVINSキャンペーンでは、一連の動画の中でキャストたちがそれぞれパーソナルなストーリーを語る。高い評価を受ける映像ディレクターJonas Lindstroemが撮影を担当し、一瞬ごとの場面を捉えるのは、著名なフォトグラファーMario Sorrentiが担当。生意気そうなおどけた姿も、飾らない感情的な姿も、すべてが真実で、その多くがCALVIN KLEINのアイコンであるCKモノグラム(アイコニックなロゴシリーズ)の存在感をしのぐ数々の言葉を語っている。制約のない、挑発的ですらあるやり方で、思いのままに自分を表現するCALVIN KLEINの最新キャンペーンは、#MYCALVINSのプラットフォームを通してSPEAK YOUR TRUTH(真実を語ろう)を呼びかけ、#MYCALVINSは世界中の人々が共鳴し、つながり合うためのハッシュタグとなる。CALVIN KLEINの最新キャンペーン「I SPEAK MY TRUTH IN #MYCALVINS」で、あなたもありのままの自分をさらけ出してみてはいかが。

■CALVIN KLEIN「I SPEAK MY TRUTH IN #MYCALVINS」

2019年5月9日(木)スタート

http://www.calvinklein.com/