奈良を拠点に多数のミューラルを手がけるストリートアーティストhykrxが2年半ぶりとなる個展「HYKRX SOLO EXHIBITION」をEUKARYOTEにて開催

奈良を拠点に多数のミューラルを手掛けるストリートアーティストhykrx(ヒャクラク)が、2年半ぶりとなる個展「HYKRX SOLO EXHIBITION」を、5月10日から6月2日までEUKARYOTEにて開催。本展では、新作の「privacy」を中心に、陰影を計算し「職人的」ともいえる手作業で切り抜かれた型に対しスプレーの濃淡、飛沫やドリップを生かしたステンシル技法のパネル作品約20点を展示。今回のメインビジュアルでもある「privacy」について、hykrxは加速度的に物事が進化していく世の中で私たちが無感覚になり、仮想空間を介して世界中に露出する文字や容姿、感情の伝達に対し、共感する人もいれば皮肉を言う人もいる状況から、人々の間に争いがなくならない理由を見出し「ありがとうを伝えるにはショッピングバッグに書いてあるくらいのTHANK YOUが適温なのかもしれない」と制作の意図を語る。 個展タイトルにおいても敢えて無題を貫き、自らの制作では一貫して自身で見える・経験した範囲のものをテーマの起点とするスタイルは、より良い変化と速さを求める時代の流れの中で、しなやかに楽しむ姿勢を見るものに訴えかけてくる。ストリートアートにおけるステンシル技法は、もともと公共物への違法なグラフィティの手段として、即時性と複数性に優れていた為広まった。一見すると刺激的な表層から社会批判的にも見えるhykrxの作品だが、躊躇のないメッセージ性と高度なカッティング技術というストリートアートの文脈を引き継ぎながら、情報社会のサイクルの中で埋もれていく感情をステンシルで表現し、日本古来の文化と共存する都市・奈良の街中で多数のミューラルを手がけるなど、独自にメッセージを発信し続けている。2年半ぶりの個展となる「HYKRX SOLO EXHIBITION」で、hykrxのメッセージを感じてみてはいかが。

■hykrx「HYKRX SOLO EXHIBITION」

2019年5月10日(金)~6月2日(日)開催 / EUKARYOT(東京都渋谷区神宮前3-41-3) / 12:00~19:00(休廊 月曜日)

http://eukaryote.jp/