リーボックが期間限定ミュージアム「Reebok 90s House」を原宿にオープン 1990年代のファッションやスニーカーシーンに席巻したリーボックの未公開アーカイブや日本初上陸の作品が集結

Reebok(リーボック)は、1990年代にファッションやスニーカーシーンを席巻したリーボックのデザインチーム”RAC(Reebok Advanced Concepts)”の未公開アーカイブや日本初上陸となる貴重な作品が集結する期間限定ミュージアム「Reebok 90s House」を、4月5日から14日までの間、原宿のB-SIDEにて期間限定オープン。「Reebok 90s House」には、ハニカム(蜂の巣)から着想を得たクッショニングシステム”ヘキサライト”や、シューズと足が一体化するフィッティング&サポートシステム”INSTAPUMP”を搭載した、ブランドの最もアイコニックなモデルである「INSTAPUMP FURY」を開発するなど、自由な発想による実験的な試みが最重視され、ザ・ポンプテクノロジーの開発者であるPaul Litchfield(ポール・リッチフィールド)や新鋭フットウェアデザイナーSTEVEN SMITH(スティーブン・スミス)も在籍していた技術者の精鋭チーム”RAC”の未公開アーカイブが展示される他、1990年代のファッションシーンやクリエイター達をインスパイアーしてきた作品が多数登場し、会場内にはワークショップスペースも設置。スニーカーの歴史を牽引してきたリーボックが大切に保管し続けている、まさにカルチャーそのものを展示する「Reebok 90s House」は、スニーカーのみならずアーティスト、クリエイター、ファッションラバーなど多くの人々の心をくすぐり、1990年代という時代をインスパイアーすることができる貴重な空間として原宿に誕生。さらに、渋谷~原宿を中心とするストリートカルチャーシーンで活躍するアーティストやスケーターから愛されているNYスタイルのピザ専門店「PIZZA SLICE TOKYO」が「Reebok 90s House」とスペシャルコラボレーションし、1990年代に大流行したピザトーストを香り豊かなコーヒーとともに喫茶スペースにて楽しむことができる。リーボックの未公開アーカイブや貴重な作品が集結する期間限定ミュージアム「Reebok 90s House」で、1990年代にタイムスリップしてみてはいかが。

 

■Reebok「Reebok 90s House」

2019年4月5日(金)~14日(日)開催 / B-SIDE(東京都渋谷区神宮前5-11-2) / 11:00〜20:00 / 入場料無料

お問い合わせ:リーボック アディダスグループお客様窓口 TEL 0570-033-033(電話受付 平日9:30〜18:00)

https://reebok.jp/