Tory Burchが銀座旗艦店オープンを記念し藍の産地である徳島県を拠点とするBUAISOU(ブアイソウ)とコラボレーションした「Tory Burch × BUAISOU Ginza Exclusive Collection」を4月1日より発売

Tory Burch(トリー バーチ)は、銀座旗艦店オープンを記念し、BUAISOU(ブアイソウ)とコラボレーションした「Tory Burch × BUAISOU Ginza Exclusive Collection(トリー バーチ × ブアイソウ 銀座店限定コレクション)」を、4月1日よりトリー バーチ銀座店限定にて発売。異なる染め模様からなるフェミニンなドレスと、ブルーとホワイトを掛け合わせたブランドを象徴するチュニックが複数パターン登場。プリーツドレスの襟やチュニックの胸元のディティールなど、ドレス・チュニックともにボディと違う染め模様の生地を用いる事でコントラストをつけており、手作業で染められた全て一点物のアイテムがラインナップする。藍の産地として知られる徳島県を拠点とするBUAISOUは、時代の移り変わりと共に激減する昔ながらの素材と伝統技法を守りながら、藍の栽培から染料づくり・仕上げまですべてを一貫して行っている。職人が丹精込めて仕上げる藍染は、藍を栽培し、収穫した葉を乾燥・発酵させ、染料となる蒅(すくも)をつくり、大甕で蒅に木灰汁、ふすま(小麦のかわ)、貝灰のみを混ぜて発酵させ、藍染液を仕込み、染めていく。この複雑な工程を経て、染料と模様による繊細な組み合わせが、類まれなる海のような深い青色を生み出している。12月にオープンした銀座店に、日本の職人によるデザインを取り入れたように、今回の限定コレクションも、トリーの日本のクラフツマンシップに対する敬意を表している。また、今回の銀座店限定コレクションに合わせ店舗のウィンドウも、トリーの大好きなカラーコンビネーションであるブルーとホワイトを基調としたインスタレーションに。本限定コレクションに加え、トリー バーチのウェア、シューズ、アクセサリー、アイウェアが豊富なバリエーションでラインナップ。日本の職人が丹精込めて仕上げた「Tory Burch × BUAISOU Ginza Exclusive Collection」で、ブルーとホワイトの独特な風合いを身に纏ってみてはいかが。

Tie Dye Long Shirt Dress ¥110,000(+tax)

Tie Dye Tunic Dress ¥110,000(+tax)

 

■Tory Burch「Tory Burch × BUAISOU Ginza Exclusive Collection」

2019年4月1日(月)発売 / TORY BURCH GINZA(東京都中央区銀座4-3-11) / TEL 03-3538-3538 / 11:00~20:00

お問い合わせ:Tory Burch Japan TEL 0120-705-710

https://www.toryburch.jp