Giuseppe Zanottiがロックな魂とともにある現代の洗練を表現した2019年秋冬コレクションを公開 完璧なエレガンスと予想外なクールさをミックス

Giuseppe Zanotti(ジュゼッペ ザノッティ)の2019年秋冬コレクションは、ロックな魂とともにある、現代の洗練を表現。完璧なエレガンスと、予想外なクールさをミックスし、2つの異なる世界のマッチを表現している。本コレクションは、厳選された素材、シェイプ、色合いを採用し、ルールを壊しながらも美しい仕上がりとなっている。ジュゼッペ・ザノッティ⽒は、”魅力的なカオス”と語り、そのようなコレクションを制作するため、2つのメインテーマを設定した。1つ目の”グラフィックと幾何学”というテーマは、丸や花、円盤といった図形を、個性的なプロポーションと輝くようなツイストで表現されている。2つ目のテーマである”質感とエキゾチック”は、アニマル柄をプリントしたレザーにあらわれており、ゼブラやジラフ、レオパードといった柄を、上質なポニースキンにプリント。スエード、パテント、パイソン、クリスタルやストーンと組み合わされ、より⼀層の美しさを放っている。アニマルプリント、ブラック、クリーム、ブラウンとベージュといった今シーズンのカラーパレットのベースとなる⾊は、ヴィヴィッドなレッドやシルバーやゴールドといったモダンなメタリックカラーと組み合わされアクセントとなる。シルエットは、テーパードスタイルでプロポーションが取られており、ゴージャスなパンプスとイブニングサンダルに、ミディアムヒールで組み合わされている。デイシューズには、ブロックヒールと僅かにスクエアトゥのレースアップを提案。ブーツとブーティは、パーフェクトな高さと、イージーながらも魅力的なシェイプでバランスが取られており、プラットフォームパンプスは、より大胆なアイテムとして、少しの傾きで魅惑さを増している。スニーカーラインでは、”Blabber”と呼ばれる新モデルが登場。ローカットとハイカットの両⽅で展開され、軽量でスケートカルチャーにインスパイアされており、独創的でミニマリストな佇まい。他にも、Giuseppe Zanottiのアイコニックなモデルが、新素材と新しいプロポーションで提案されている。また本コレクションは、2月23日にミラノにて行われたプレゼンテーションの様子も公開。2つの異なる世界のマッチを表現したGiuseppe Zanotti 2019年秋冬コレクションで、美しいシルエットを堪能してみて。

■Giuseppe Zanotti 2019年秋冬コレクション

www.giuseppezanotti.com