粋を愉しむ大人のためのラグジュアリーホテル「そわか(SOWAKA)」の新館が京都・祇園にてグランドオープン 新しい現代の数寄を体感できるスペースとして誕生

粋を愉しむ大人のためのラグジュアリーホテル「そわか(SOWAKA)」の新館が、3月25日に京都・祇園八坂エリアにてグランドオープン。100年の歴史を刻む元老舗料亭の数寄屋建築を大規模リノベーションした本館に隣接する形で、新しい現代の数寄を体感できるスペースとして誕生する。新たに建設した杉目模様の美しい建物は、一般的なホテルのような廊下に沿ってドアが並ぶ画一的なつくりではなく、部屋と部屋が接することのないゆとりのある空間。部屋の入口が共用の廊下から少し入った所につくられており、まるで京都の路地を歩いているような気分が味わえる。古くから京都の人々に愛されてきた東山を展望できる部屋や、専用の縁側で美しい緑が眺められる部屋、心地いい畳敷きの小部屋を備えた部屋、半露天風呂付きの部屋など、それぞれユニークな特徴があり好みや目的に応じて選ぶ事ができる。歴史と伝統が根差した日本を代表する美しい古都、京都の祇園八坂エリアに誕生する「そわか(SOWAKA)」は、本館11室と新館12室の計23室からなるスモールラグジュアリーホテル。ホテルならではの安らぎと寛ぎのある空間に和の情緒を踏襲した、日本ならではの真のおもてなしを体験できる新しいスタイルの宿泊施設となっている。本館・新館ともにホテルの設計を手掛けるのは、京都の歴史的的文脈を踏まえつつ創造性の高い建築作品を表彰する「京都建築賞(藤井厚二賞)」など、数々の受賞歴があり、京都の伝統的な町家の改修実績も豊富な新進気鋭の建築家、⿂⾕繁礼率いる⿂⾕繁礼建築研究所。「そわか(SOWAKA)」最大の魅力は、本館・新館ともに繊細な職人の技術が光る、同じ間取りは一つとない個性豊かな客室。”「そわか(SOWAKA)」を通じて職人との出会い”という想いが込められており、入り口の暖簾をくぐった先から心からの感動を与える。祇園・八坂神社から徒歩3分という立地にありながら、静寂の中に伝統とモダンが調和するラグジュアリーな空間となっている。歴史と伝統が調和する京都・祇園にオープンする「そわか(SOWAKA)」の新館で、ラグジュアリーな休日を過ごしてみてはいかが。

■「そわか(SOWAKA)」新館

2019年3月25日(月)グランドオープン / 〒605-0821 京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル清井町480 TEL 075-541-5323

一泊一室料金:スタンダード 34㎡ ¥35,000~ デラックス 44㎡ ¥53,000~

https://sowaka.com/