Sergio Rossiが今を生きる現代女性たちに向けた新たなコレクション「Sergio」を発表 シャープなグラフィックスタイルで洗練されたエレガントなブランドのシグネチャーを表現

Sergio Rossi(セルジオ ロッシ)は、ミラノコレクション期間中に2019年秋冬コレクションを発表。今を生きる現代女性たちに向けた新しいコレクション”Sergio”が登場。独創的でモダンさが際立つ新たなシューズは、シャープなグラフィックスタイルで洗練されたエレガントなブランドのシグネチャーを表現している。ブランドのヘリテージに敬意し、“Sergio”は70年代にまで遡り、セルジオ ロッシが過去に使用したジオメトリックなロゴをアレンジ。シューズのインソールにプリントされたロゴは、コレクションのストレートな表現を後押ししている。様々なヒール高で展開されるポインテッドトゥとチャンキーヒールは、アクティブでエレガントな現代女性の多様なマインドを反映したコレクションのベースとなっている。ナッパやラミネートレザーからクリスタルメッシュまで、様々な素材の組み合わせで作られたニーハイブーツ、ロングブーツ、ブーティ、パンプスには、レトロなスポーティさを取り入れたパッチワークストライプを展開。80年代後半から90年代初頭にかけてのダンスフロアを席巻したカラフルなトラックスーツから着想を得てデザインされた。本コレクションでは、セルジオ ロッシのタウンユースできる個性的なスニーカーが登場。チャンキーヒール、ハイソールでグログランのトングストラップまたは踵部分にアイコニックな“Sergio”ロゴをプリントしたラグジュアリースニーカー”Extreme”は、コレクションのシグネチャーであるパッチワークストライプか、取り外し可能でカスタマイズできるマキシフリルがアッパーにあしらわれている。ブーツやブーティ、sr1 スリッパやチャンキーヒールのサンダルは、80年代ファッションの装飾過多な気分を取り入れ、アッパーから広がるマキシフリルがさらに特徴的で、セルジオ ロッシの比類ない職人の手による質の高さが見てとれる。ファクトリー・デザインチームによって開発されたオリジナルのメタリックやパテントレザーなどの素材で作られた象徴的なアイテムは、柔らかく軽量でもあり機能性の高さも兼ね備えている。コレクションの魅力的で女性らしさを引きだし続けるため、クリスタルメッシュから作られた輝くジュエリーが、タイムレスかつ洗練されたデザインのsrMilanoをはじめ、sr1 スリッパやサンダル、スリングバックの曲線のシルエットを際立たせる。また、今回はアーティストGary Card(ギャリー・カード)とパートナーを組み、ミラノファッションウィーク期間中に、芸術が盛んなBrera地区にあるブランドのショールームを、モダンで洗練されたシューズ ファクトリーに変貌させた。大胆さ、アイキャッチ、圧倒的な魅力を兼ね備えるSergio Rossiの新コレクション「Sergio」で、あなただけの一足を見つけてみて。

■Sergio Rossi「Sergio」

sergiorossi.com