FENDIが#BaguetteFriendsForeverキャンペーンの伝説的アイコンバッグ「バゲット」と「友情」を称える3話のショートムービーを公開 第2話に”森星”第3話には”サラ・ジェシカ・パーカー”が登場

イタリアのローマを代表するラグジュアリーブランドFENDI(フェンディ)は、絶対に離れられない友情を描いた3つのストーリーから成るショートムービー「#BaguetteFriendsForever」を公開中。「The Baguette is Back」と題された第1話は、上海で撮影され、女優のTan Zhuo(タン・ツオ)とQiao Xin(ジャオ・ジン)、インフルエンサーのYu Wei(ユー・ウェイ)とYoyo(ヨーヨー)が、IPAMモール内のフェンディブティックでショッピングを楽しむ様子をとらえている。続く第2話「The Missing Baguette(=なくなったバゲット)」の刺激的な舞台は、香港。タイトルが示唆するように日本人モデルで主人公のHikari Mori(森星)と台湾人DJのDizzy Dizzo(ディズィー・ディツォ)、シンガポールを拠点にファッション界のイットガールYoyo Cao(ヨーヨー・カオ)、韓国人DJ Peggy Gou(ペギー・グー)が、無くなってしまった森星のバゲットを探して香港の町をさっそうと歩いている。そして遂に公開された第3話「The One and Only Baguette(=たったひとつのバゲット)」は、眠る事のない大都市New Yorkとその輝かしい光が、ラストストーリーの心ときめく舞台となっている。大人気インフルエンサーCaro Daur(キャロリン・ダウア)は、彼女の友人たちであるNatasha Lau(ナターシャ・ラウ)やモデルのEbonee Davis(エボニー・デイヴィス)、Melissa Martinez(メリッサ・マルティネス)と、昼休みにおしゃべりをしている。突然キャロリンは、フェンディのブティックで見た世界にたったひとつのヴィンテージ「バゲット」なしでは生きていけない!という思いに駆られ、彼女たちはファッションへの熱い思いを抱いてブティックへと駆け出すが、その宝物がたった今売れてしまったと知らされる。自分たちの夢のバッグを持ち、店から立ち去ろうとしているひとりの女性。後を追い引き止めると、振り向いたのは、なんとSarah Jessica Parker(サラ・ジェシカ・パーカー)・・!彼女は、かの有名なセリフ「This is not a bag, it’s a Baguette!(これはバッグじゃないわ、「バゲット」よ!)」と声をあげた。一連のキャンペーンの主役は、ヴィンテージの「バゲット」とフェンディの2019年春夏ウメンズコレクションの最新作をミックスしたスタイル。3話のショートムービーでは、サウンドトラックにGroove Armada(グルーヴ・アルマダ)の「マイ・フレンド」が流れ、それは4人の親友たちの強い絆をそれとなく強調するかのよう。この音楽が、ストーリーごとに女性たちを冒険へとかりたて世界中の友情を讃えている。豪華キャストが出演しているFENDI #BaguetteFriendsForeverキャンペーンショートムービーを、見逃さないで。

■FENDI #BaguetteFriendsForeverキャンペーン ショートムービー

https://www.fendi.com/jp