HUNTING WORLD 2019年春夏コレクションからブランド初の”スニーカー”が登場

1965年、NYで誕生したHUNTING WORLD(ハンティング・ワールド)は、2019年春夏メンズファッションウィーク(ミラノ)にて発表した2019年春夏コレクションから、ブランド初のスニーカーが登場。2月15日より発売が開始される予定。ウィメンズ・メンズともに、ブラック・グレー・ホワイト・オレンジの4色を展開する。ブランドの創設者であるBob Lee(ボブ・リー)の自然と冒険への敬愛のスピリットから誕生したHUNTING WORLDの初となるフットウェアは、アッパーの大胆な曲線によるカットアウトとカーフ、スエード、ナイロンといった異素材とカラーの組み合わせは、コレクションテーマである”マリン”からインスパイアを受けて、波をイメージ。レターロゴを施した舌革と足首にはパッドが入っており、1990年代から着想を得た厚みのあるラバーソールとともに、インパクトのあるデザインに加え、柔軟性を備えた履き心地を実現している。インパクトのあるデザインのHUNTING WORLD初のスニーカーで、素材の良さと履き心地を実感してみて。

■HUNTING WORLD「スニーカー」

2019年2月15日(金)発売開始予定 / ¥65,000(+tax)

お問い合わせ:ハンティング・ワールド帝国ホテル店 TEL 03‐3501‐7080

https://huntingworld.com/jp/