大宮エリー展「Beautiful Days~美しき日々」が代官山ヒルサイドテラスにて開催

©Ellie Omiya, courtesy of Tomio Koyama Gallery

大宮エリー展『Beautiful Days~美しき日々』が代官山ヒルサイドテラスにて開催。大宮エリーは、1975年大阪生まれ、東京大学薬学部卒業。広告代理店勤務を経て、日常を綴ったエッセイ集を書いて人気を博す。絵画制作は、2012年に東京都国立博物館の法隆寺宝物館にて、モンブラン国際文化賞受賞の福武總一郎氏へのお祝いとして、ライブペインティングした作品「お祝いの調べ : 直島」がきっかけとなって始まった。今回は「楽園」を中心に、この個展のために描き下した新作がお目見えする。アメリカの聖地シャスタ(Mt.Shasta)は世界屈指のパワースポットで秘境。呼ばれる人しか辿り着けない場所。大宮エリーは、そこを訪れたとき、私は、ああ、天国ってきっとこういうところなんだ、というリアルな楽園をまのあたりにした。喜びしかない場所。泉が沸き、小川がながれ、鳥の声、風がここちよく、涙があふれた。こどものように笑いながら走り回った。うれしくてうれしくて。あれはとてもふしぎな体験だった。細胞のすみずみまで透き通るような、美しい時間。みなさんをあの美しい美しい楽園に、お連れできないか。というコンセプトで、絵画作品、写真作品とインスタレーションでその楽園を表現している。そして、ヒルサイドフォーラム奥の2つの部屋には最新作である「とある未亡人の館」を展示。2018年に参加した、六甲ミーツアートで描き下ろした41点の新作。各方面から「画風が変わった!」「とてもいい!」「愛に溢れていた!」「自然と涙があふれた」と大好評につき、東京でのお披露目となる。最愛の人を失った未亡人が、二人の大事にした物を描き、その美しき日々を振り返る。代官山ヒルサイドテラスにて開催中の『Beautiful Days~美しき日々』で大宮エリーの世界観を感じてみては。

©Ellie Omiya, courtesy of Tomio Koyama Gallery

撮影:Kenta Aminaka

 

■大宮エリー展「Beautiful Days~美しき日々」

2019年1月12日(土)~27日(日)11:00~19:00 ※入館は18:30まで、最終日17:00終了 / 休館日 1月21日(月)

代官山ヒルサイドテラス ヒルサイドフォーラム / 入場料 ¥500

主催 : 小山登美夫ギャラリー、小山藝術計画 / 協力 : ヒルサイドテラス、gallery ON THE HILL

お問い合わせ : 小山登美夫ギャラリー TEL 03-6459-4030

http://tomiokoyamagallery.com