堤幸彦監督による東野圭吾原作の最新作映画『人魚の眠る家』 ジョルジオ アルマーニが俳優・西島秀俊の劇中衣装を全面協力

GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)は、11月16日にて全国劇場にて公開される東野圭吾原作、堤幸彦監督で映画化された『人魚の眠る家』出演の俳優 西島秀俊の劇中衣装を、全面協力した。西島秀俊は、2017年にジョルジオ アルマーニの最高峰ライン「メイド トゥ メジャー」の広告モデルに日本人で初めて起用され、2018年も引き続き広告モデルを努めている。累計100万部に迫る原作『人魚の眠る家』は、東野圭吾の作家デビュー30周年を記念して執筆され、愛する我が子が予期せぬ事故にあい意識不明のまま回復の見込みのないという悲劇の中、究極の選択に迫られる夫婦を中心に、それぞれの愛の形を描く衝撃と感涙のミステリー超大作。母親役の篠原涼子と父親役の西島秀俊の他にも、坂口健太郎、川栄李奈、松坂慶子など世代を代表する豪華実力派キャストが出演する。西島秀俊は、世界に前例のない技術で娘を回復させようとする一方、多くの苦悩を抱えるIT機器メーカー社長・播磨和昌を演じている。会社や自宅でのシーンをはじめ、全編においてスーツを中心とした役柄にふさわしいジョルジオ アルマーニの衣装を着用。彼のワードローブとして、2ボタンのダークネイビーノッチドラペル3Pスーツ、ブラックのチェスターコート、タイ、シャツなど、映画全編をカバーするバリエーションが選出された。ジョルジオ・アルマーニは、1980年にアメリカン・ジゴロでリチャード・ギアの衣装を提供することで映画との関わりをスタートして以来、主要な映画と衣装のコラボレーションを行っている。「バットマン」シリーズ、「ザ・タキシード」、「デ・ラブリー」、「オーシャンズ 13」、「フェア・ゲーム」、「ソーシャルネットワーク」、「ミッション・インポッシブル:ゴーストプロトコル」「ザ・モスト・ヴァイオレント・イヤー」「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」など、数え切れないほどの映画にアルマーニの衣装が登場している。ジョルジオ アルマーニを着用した西島秀俊出演の最新作映画『人魚の眠る家』の公開を楽しみにしていて。

Ⓒ2018「人魚の眠る家」製作委員会

■『人魚の眠る家』

2018年11月16日(金) 全国劇場にて公開予定

お問い合わせ:ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL 03-6274-7070

www.giorgioarmani-mtm.jp