BIRKENSTOCKが広告キャンペーンとオンラインのスペシャルプロジェクトを絡めた「パーソナリティ・キャンペーン」を実施 7名のモデルがそれぞれのお気に入りの場所で私物を履いて登場

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)が、広告キャンペーンとオンラインのスペシャルプロジェクトを絡めた『パーソナリティ・キャンペーン』を実施している。BIRKENSTOCKを普段から愛用している7名のモデルが、それぞれのお気に入りの場所で、自分たちの愛用しているBIRKENSTOCKを履いて登場し、その生活を通して見えてくるパーソナルな部分を引き出すものとなっている。彼らの個性と多様性から、年齢や性別、人種に関係なく世界中の人々に愛されているブランドの普遍性を表現する、BIRKENSTOCKのメッセージを打ち出したキャンペーン。擦り切れるほど履きこまれたBIRKENSTOCKは、持ち主の長い歳月と何千ものステップの数を意味し、その人生を表現している。それは持ち主の物語の一部となり、やがてその人自身の物語となっていく。新商品を紹介するのではなく、登場人物のストーリーを見せることでその人自身の本質にあるものの重要性をBIRKENSTOCKは示唆している。今回のキャンペーンを撮り下ろした英国のフォトグラファー、ジャック・デイヴィソンは、本当にインティメイトなポートレートを撮影するために、世界各国を巡った。ポートレートは、リアルな環境の中で主役達だけでなく、彼らが愛用するBIRKENSTOCKも特化して紹介。フォトグラファーのライアン・マッギンレーは、彼のセカンドハウスであるニューヨークの事務所で撮影。女優のルーナ・ピコリ=トリュフォーは彼女の母親の家で、バレリーナのロマニー・パジャックはロンドンのトレーニングルーム、フリー・スキーヤーのトム・ライトナーは自宅で、そしてニューヨークの映画監督ショーン・フランクはドイツのバイエルンで撮影。さらに、ノーベル医学生理学賞受賞のトーマス・スードフはスタンフォード大学の自身のオフィス、ルイーズ・コンスタンはお気に入りのベルリンの公園で撮影された。この『パーソナリティ・キャンペーン』は9月から始まり、長期に渡ってブランドのイニシアティブをとっていく予定となっている。このキャンペーンには、BIRKENSTOCK社のビデオクルーが編集・製作したビデオポートレート「Birkenstories(ビルケンストーリーズ)」のシリーズも含まれる。オンラインとソーシャルメディア限定でこのビデオクリップは4〜5分の長さで、今回のパーソナリティ・キャンペーンと同様にブランドや製品は脇役として、BIRKENSTOCKを履いている人の考え方や価値に焦点を当てて物語を進めている。また、ビデオポートレートに出演してくれる新しい主人公を世界中より探している。あなたもぜひ愛用のBIRKENSTOCKと一緒に『パーソナリティ・キャンペーン』BIRKENSTOCK公式サイトより応募してみては。

■BIRKENSTOCK「パーソナリティ・キャンペーン」

お問い合わせ :BIRKENSTOCK JAPAN CUSTOMER SERVISE / TEL 0476-37-7501

http://www.birkenstock.com/jp/