Cartierが映画『オーシャンズ8』の独占ジュエリーパートナーに 銀座ブティックにて作品で使用されたコレクションを初め稀少なハイジュエリーの数々を展示する特別インスタレーションを開催

Cartier(カルティエ)が、新作アクション映画『オーシャンズ8』の独占ジュエリーパートナーと日本公開を記念し、銀座ブティックにて特別展示をスタート。女性が大胆なまでに女性らしくいられるよう力を与えてきたメゾンの歴史から、女性キャストでの本作に賛同し、メゾンのクリエイティブ・ディレクターJeanne Toussaint(ジャンヌ・トゥーサン)へのオマージュを捧げるクリエイションを特別に制作した。カルティエは新たな映画コラボレーションとなる今回のプロジェクトで、⼤胆かつ恐れを知らない精神を存分に発揮。この映画の特別なオーダーを制作するために、パリのラぺ通りにあるハイジュエリー アトリエの⼈員を動員。最高のジュエリー職人に与えられた期間はわずか8週間というなか、この偉業を成し遂げ、メゾン最⾼の技とリソースが捧げられた「ジャンヌ・トゥーサン」ネックレスは、パリからニューヨークへと運ばれた。オリジナルは、1931年にジャック・カルティエがナワナガルのマハラジャのためにデザインした”カラーダイヤモンドの世界で最も美しいカスケード”と表現されたネックレス。もともと男性向けにデザインされていたため、キャストである女優のAnne Hathaway(アン・ハサウェイ)のサイズに合うようオリジナルよりも15~20%調節されている。ベゼルは取り外しができるよう設計されていたため、アンのプロポーションに合うよう、卓越した専門技術で宝石をしっかりと適合させ、撮影中の頻繁な取扱いに耐えられるよう、丈夫であることが求めらた。クローズアップ撮影で不完全な点があらわになる事がないよう、セッティングの仕上げと研磨には細⼼の注意が払われた。「ジャンヌ トゥーサン」ネックレスは、クラフツマンシップと作品の卓越性の両⾯において、カルティエのハイジュエリーに求められる要件をすべて満たしている。映画のために制作されたニューヨーク カルティエ マンションの保管庫を模したインスタレーションと共に、「ジャンヌ・トゥーサン」ネックレス、作品で使用されたコレクションを初めとするカルティエのジュエリー・ウォッチ、このためだけに日本に届けられた稀少なハイジュエリーの数々を、映画『オーシャンズ8』の世界観と共に楽しんでみてはいかが。

Photo by Barry Wetcher © 2018 Warner Bros. Entertainment Inc.

Cartier Archives Londres © Cartier

Cartier Archives © Cartier

ジャンヌ・トゥーサン © Courtesy collection privée

 

映画『オーシャンズ8』日本公開 カルティエ 銀座ブティック 特別展⽰

2018年8月2日(木)~19日(日)

カルティエ 銀座ブティック(東京都中央区銀座2‐6‐12) / ⽉⾦ 12:00‐20:00 ⼟⽇祝 11:00‐20:00

お問い合わせ:カルティエ カスタマー サービスセンター TEL 0120‐301‐757

www.cartier.com