「DIOR」キム・ジョーンズがメンズ アーティスティック ディレクター就任後初となるメンズ 2019 サマー コレクションを発表 ケイト・モスやナオミ・キャンベル、日本からは秋元梢ら豪華ゲストが来場

DIOR(ディオール)が、6月23日パリ・フランス共和国親衛隊兵舎にて、キム・ジョーンズがディオール メンズ アーティスティック ディレクター就任後初となるメンズ 2019 サマー コレクションを発表した。今回、KAWS(カウズ)がこのショーのためにの舞台装飾の中心となる作品とスペシャルピース、またディオールのアイコンである“BEE”をデザイン。会場にはキム・ジョーンズの友人をはじめ、ヴィクトリア&ブルックリン・ベッカム、ケイト・モス、ナオミ・キャンベル、村上隆など多数のVIPが並び、日本からは野村周平、秋元梢が来場した。今回、キム・ジョーンズのインスピレーションとなったのは、クリスチャン・ディオールの自伝である『Christian Dior & moi(クリスチャン ディオールと私)』 。その中で、クリスチャン・ディオールは、二人のディオールが存在すると示唆している。一人目はムッシュ ディオール自身。二人目は1947年に創設されたメゾンを体現する者。自身の初コレクションの制作にあたり、このムッシュ ディオールの言葉から影響を受けた。これはクリスチャン・ディオールのパーソナリティと、メゾンが象徴するオートクチュールの夢へのダブルのオマージュ。彼の人生に見る2つのファセットの間に、コレクションが対話を確立していく。コレクションを貫くフローラルモチーフは、自然への愛と、花のような女性に対するムッシュ ディオールの二重の情熱へのオマージュ。ムッシュが愛用していた磁器製のティーセットに咲き誇っていた花が、モダンにアレンジされ、プリントや刺繍としてあしらわれ、アトリエ ルマリエによって刺繍されたフェザーは、磁器に描かれた繊細な釉薬を彷彿させ、ビニール製のジャケットやコートに鏤められている。クリスチャン・ディオールが幼少期に影響を受けたエドワード7世時代の趣向や18世紀への愛情を彷彿とさせるこの磁器に描かれた装飾世界が、コレクションのカラーパレットにインスピレーションを。ブルー、ホワイト、彼が幼少期を過ごしたグランヴィルの邸宅を彩る色彩のひとつであるペールピンク、そしてディオールにとってシンボリックな色であるグレー。ゴールドの光沢を纏うイエローのタッチは、友人のジャン・コクトーがディオールを「軽やかで、この時代特有の才能。Dieu(神)とOr(ゴールド)を内包する魔法の名。」と表現した言葉に由来。クリスチャン・ディオールは、自身のパーソナリティが複雑に重なり合っていると著書で明かしている。キム・ジョーンズはこの言葉を初のコレクションのインスピレーションにし、創造性に富んだ複数の世界観を作り上げた。AMBUSH®︎のYOONを起用し「CD」のイニシャル、花、昆虫といったディオールのシンボルをジュエリーにアレンジ。マシュー・ウィリアムズは、アクセサリーを彩る新たなメタリックバックルを制作し、スティーブン・ジョーンズは、メゾンのアーカイブに保存されている「クリスチャン ディオール ムッシュ」のオリジナルモデルから帽子をデザインした。

写真左から:ブルックリン・ベッカム、ビクトリア・ベッカム、ケイト・モス、レニー・クラヴィッツ、ナオミ・キャンベル

ナオミ・キャンベル、ケイト・モス

写真左:ルー・ドワイヨン、右:秋元梢

写真左:リタ・オラ、右:ラッセル・ウェストブルック

写真左:ビクトリア・ベッカム、右:A$AP Rocky

写真左:ベラ・ハディッド、右:リリー・アレン

村上隆、KAWS(カウズ)

■DIOR メンズ 2019 サマー コレクション

https://www.dior.com/diormag/ja_jp