rag & boneが2011年から数年間に渡って行っているグローバルプロジェクト「DIY プロジェクト」2018に日本人モデルの萬波ユカが登場

rag & boneの「DIY プロジェクト」2018に日本人モデルの萬波ユカが登場した。「DIY プロジェクト」は、rag & boneが2011年にスタートしたグローバルプロジェクトで、今までのフォトシューティングとは異なる型破りなスタイルがコンセプト。モデルをスタジオで撮影するのではなく、彼女たちにカメラとrag & boneの服が入った袋を渡し、その服を自分なりに解釈し自由に撮影をしてもらう。これまでにもミランダ・カー、ジョーダン・ダン、長谷川潤を始めとする数々の女性が参加し、普段見ることのできない彼女達の素の表情を捉えたユニークな写真が話題を呼んだ。昨年からNYで生活を始めた萬波ユカさんは、NYでのプライベートの生活を切り取った写真を公開。友人のフォトグラファーKEISUKE TSUJIMOTOが撮影を担当し、モデルのFernanda Lyが友情出演したこの写真について「朝から友達に起こされて一日中遊びに行っている日常を撮った。カメラを持った友人が所構わず写真を撮るのを微妙に不機嫌に思っている自分をテーマに撮影した」とコメント。萬波ユカさんの「DIYプロジェクト」は6月1日よりrag & boneのソーシャルメディアチャンネルやウェブサイトで公開される。さらに、2018年に再開された本プロジェクトは、4月13日に公開されたヘイリー・ボールドウィンの画像を皮切りにスタート。今後も一年を通してプラスサイズモデルのアシュリー・グラハム、マリオ・テスティーノの姪でモデルのマリナ・テスティーノ、南スーダン出身のモデル兼女優のアレック・ウェック、マイケル・ジャクソンの娘でモデル兼女優のパリス・ジャクソン、そしてNYを拠点に活躍する日本人モデル萬波ユカをはじめとする様々な人種や個性ある女性の画像が随時公開される。あなたも#rbDIYのハッシュタグをつけ、個性を表現してみては。

■rag & bone「DIY project」2018 YUKA MANNNAMI

www.rag-bone.com/diy/