TIFFANY & CO.が新作ジュエリーコレクション「ティファニー ペーパーフラワー」の発表を祝してニューヨークでイベントを開催 女優のエル・ファニング、日本からは森星、萬波ユカらも来場

TIFFANY & CO.(ティファニー)が新作ジュエリーコレクション『ティファニー ペーパーフラワー』の北米での発売開始を記念して、5月3日ニューヨークの五番街にある本店にてイベントを開催した。ティファニーの最高経営責任者(CEO)のアレッサンドロ・ボリオーロと、チーフ ・アーティスティック・オフィサーのリード・クラッコフが出席したほか、女優のエル・ファニング、ゼンデイヤ、ミシェル・ウィリアムズ、ヤラ・シャヒディ、グレタ・ガーウィグ、モデルのケンダル・ジェンナー、ナオミ・キャンベル、アヴァ・フィリップ、ドウツェン・クロース、ダンサーのマディー・ジーグラーといった錚々たるセレブリティが集合。日本からは森星、萬波ユカらも来場した。この夜の最後を飾ったのは、ヒップホップアーティストのエイサップ・ファーグによるパフォーマンス。2018年のスプリングキャンペーン「Believe In Dreams」のフィルムでフィーチャーされたクラシックソング「ムーン・リバー」のモダンなリメイク版を演奏し、会場を沸かせた。また、このイベントでは、女優エル・ファニングをフィーチャーした最新広告キャンペーン「Believe In Dreams」のプレミア上映も実施。キャンペーンフィルムは、エル・ファニングがニューヨーク五番街本店のウィンドウを覗き込むモノトーンのシーンからスタート。これは、1961年のクラシック映画「ティファニーで朝食を」のオープニングシーンにオマージュを捧げたものとなっている。その後、現実の世界に連れ戻されたエル・ファニングの目の前には、ニューヨークのストリートに音楽や色彩が溢れる、夢のような世界が出現。そこで流れる音楽は、エイサップ・ファーグがオリジナルの歌詞を手掛けた「ムーン・リバー」のリメイク版。エル・ファニングが軽やかに美しい歌声を響かせる。このイベントに先駆け5月1日より、新作コレクションと広告キャンペーン発表前のティーザーとして、ニューヨークにティファニーブルーで飾られた様々なスポットが登場。ティファニーブルーのコーヒーカートが無料でコーヒーを配布したほか、ニューヨークを象徴するイエローキャブはティファニーブルーに色を変えてストリートを走った。また、街角のボデガ(食料品店)はバケツに入れたペーパーフラワーで埋め尽くされ、地下鉄の駅もティファニーブルーで彩られた。日本での『ティファニー ペーパーフラワー』コレクションの発売は、2018年9月予定。ティファニーの新たなスタイルを日本でも楽しみにしたい。

左から:エル・ファニング / ゼンデイヤ ©Getty Images for Tiffany & Co.

左から:ケンダル・ジェンナー / ミシェル・ウィリアムズ ©Benjamin Lozovsky/BFA.com

左から:森星 / 萬波ユカ ©Getty Images for Tiffany & Co.

左から:SWAY(DOBERMAN INFINITY) / 綾部祐二(ピース) ©Benjamin Lozovsky/BFA.com

エイサップ・ファーグ ©Benjamin Lozovsky/BFA.com

©Daniel Arnold

©Tiffany & Co.

 

■「ティファニー ペーパーフラワー」コレクション

2018年9月 発売予定(日本)

お問合せ:ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク / TEL 0120-488-712

www.tiffany.com