エトロより新作オーデパルファム「ウダイプール」発売 メゾン初期のインスピレーションを現代に蘇らせ、夏の地中海とマハラジャの庭園を思わせる絶妙なニュアンスの香り

ETRO(エトロ)が新作オーデパルファム「ウダイプール」を5月16日より発売する。遥かなる国をルーツに持ち、異なるカルチャーとの出逢い、自分自身に忠実であるという事に重きを置く美意識の高いスタイル。今年創業50周年を迎えたエトロブランドが大切にしている価値観は、クリエイティブなアプローチに端を発している。創業当初から固い絆で結ばれたファミリーの個々の才能に牽引されているエトロ。今もなお時空を超えたエレガントな感性を追求し続け、伝統とモダニティの間の完璧なるバランスを保っている。今回発売される「ウダイプール」は、メゾン初期のインスピレーションを現代に蘇らせ、夏の地中海とマハラジャの庭園の両方を思わせる絶妙なニュアンスの香りを通して再解釈されたフレグランス。時とともに想像力の物語を織りなしてきたイタリアの高度な職人技と魅惑的なインド、二つの世界の融合への賛美。物語は”東洋のベニス”の異名を持つ、ピチョーラ湖を臨むインド ラジャスタン州の白亜の都市「ウダイプール」で幕を開けます。インド産ジャスミンサンバックのピュアで喜びに溢れる香りから始まり、天使のようなノーブルな花びらが結婚の儀式を祝福し、優美、幸運、ロマンティシズムを捧げる。ベルガモットのフレッシュで弾けるような香りがピンクペッパーとマグノリアのハーモニーに包まれてフレッシュさをプラス。ハートノートでは、ガーデニアとロータスフラワーが官能的に愛し合い、ジャスミンを伴って洗練されたフラワーブーケに仕立てられます。ベースノートでは、ムスクとカシミアウッドが情熱的なパチュリと結びつき、このオーデパルファムのエキゾチックな特徴を封印。ファミリーの哲学である、厳選された原料を用いて伝統的な製法で丁寧につくり上げたフレグランスが誕生しました。 ボトルには、ブランドにおける唯一無二の美学が体現されたアイコニックなペイズリー柄が施され、優雅な落ち着きを表現。暑さと寒さ、東洋と西洋の間に存在する絶妙なバランスにより、性別にかかわらずこの香りを纏う人にフィットするフレグランスに。エトロの多面的で想像力を掻き立てられる魅力が宿った新作オーデパルファム「ウダイプール」の香りを楽しんでみては。

■ETRO「ウダイプール オーデパルファム」

2018年5月16日(水)主要百貨店フレグランスコーナー及び一部のエトロブティックにて発売 / 100ml ¥23,000(本体価格)

お問合せ:インターモード川辺 フレグランス本部 / TEL 0120-000-599

www.etro.com