LOEWE(ロエベ)からイビサに存在した伝説のブティック「パウラズ イビザ」とのコラボレートコレクション第2弾が発売

LOEWE(ロエベ)より、かつてイビサに存在した伝説のブティック『パウラズ イビザ』とのコラボレートコレクション第2弾が5月10日より発売される。このコラボレーションでは、スペインのヒッピーカルチャーを堪能でき、ウィメンズとメンズのレディ・トゥ・ウェア、バッグ、シューズ、アクセサリーから海水パンツまで幅広いラインナップが揃う。バレアレス諸島のきらびやかなムードを形にしながら、ロエベのクリエイティブ ディレクターであるジョナサン・アンダーソンが選んだアイコニックなプリントデザインを駆使。鮮やかな色使いで描かれたポルカドット、ビーチフラッグ、マーメイド、サーカスのキャラクター、そしアニメ風のハチドリを使い「プルメティス」「フラッグ」「マーメイド」「サーカス」そして「バード」といったレトロなビーチモチーフを様々な形で組み合わせて陽気なムードを演出している。LOEWEの主軸であるレザーアイテムは、柔らかく肌目の細かいカーフ・スキンを使用。全体がパッチワークプリントになっている「パズル」バッグから、マーメイドたちが泳ぐ「エレファント」のミニショルダーバッグまで、パウラズならではのプリントと色使いで新たなスタイルを構築。プリントが施されたキャンバス生地のトートやポーチ、そして2018年春夏メンズコレクションを参考にしてラフィアで編まれたゆったりしたバスケットバッグといった魅力的なアイテムも展開。モノグラムの木製卓球ラケット、樹脂製の「珊瑚」ネックレス、そして水中を描いたアニメ風のナパレザー製バッグチャームが、コレクションの新たな表現方法を完成させている。また、このコレクションのローンチと同時に発表されるロエベのコレクティブブック「Publication #18」はマリオ・ソレンティの娘であり、フォトグラファーやモデルとして活躍する新進気鋭ニューヨーク生まれのアーティスト グレイ・ソレンティが撮影。パウラズ イビザ コレクションのコンセプトである「Close to Paradise」をテーマに、彼女の母親の故郷であるアメリカ・ニューオリンズで彼女の兄や友人などもモデルに迎え、フリーダムなクリエーションのもと撮影されている。アイコニックなプリントが目をひくLOEWEと『パウラズ イビザ』のコラボレートコレクションをチェックして。

TOTE PAULA MERMAID SMALL BAG ¥90,000(+tax)

HAMMOCK PAULA CIRCUS M BAG ¥370,000(+tax)

FLAMENCO K TOTE PAULA PATC BAG ¥268,000(+tax)

ESPADRILLE PAULA STRIPES ¥54,000(+tax)

BASKET BAG ¥53,000 / FLAGS POUCH MEDIUM ¥27,000(共に+tax)

VERTICAL TOTE PAULA MERMAI BAG ¥148,000(+tax)

ELEPH PAULA MERMAID MINI BAG ¥168,000(+tax)

PAULA WATER STAR CHARM ¥21,000(+tax)

PAULA BEACH BLADES ¥69,000(+tax)

RAINBOW PLAIN CARD HOLDER ¥29,000 / PAULA CIRCUS ZIP AROUND WALLET ¥107,000(共に+tax)

PAULA MERMAID TOWEL(105X170) ¥79,000(+tax)

 

■LOEWE「パウラズ イビザ」コラボレートコレクション第2弾

2018年5月10日(木)より全国発売

https://www.loewe.com/