マックスマーラとサフィロ・グループが世界1000本限定で発表する新たなサングラス「LAVAPRISMS」が数量限定で販売中

Max Mara(マックスマーラ)とサフィロ・グループが世界1000本限定で発表する新たなサングラス「LAVAPRISMS(ラヴァプリズム)」がマックスマーラ銀座三丁目店、青山店にて数量限定で販売中。新進気鋭の国際的なアーティストとのコラボレーション企画第3弾となるLAVAPRISMSは、画家のカースティン・ブラッシュと、福島出身の荒川医(えい)と兄の荒川智雄によるアーティストユニットUNITED BROTHERSがタッグを組み制作された。インスピレーション源となったのは、ハワイやナポリ、シチリアなどの火山。アーティスト達が実際に乾いた溶岩の上を数時間歩き、海へと流れる高温の溶岩を観察した体験から、豊かな想像力で洗練されたアイウェアを生み出した。このコラボレーションサングラスのデザインの特徴は、本質的でジオメトリックなライン。リムのないオーバーサイズのレンズ、その光を放つ上部のシルバーと下部のソリッドなグレーのコントラスト。柔らかなラバーのテンプルにはインスピレーション源でもある火山の岩を想起させるコーティングが施され、アイウェアコレクションのシグネチャー要素でもある“プリズム” のディテールがサングラスの両サイドを飾る。右テンプルの内側には、ユニークなプロジェクトのインスピレーション源となった火山、そして赤く細い溶岩流を思わせるラインが描かれている。4月19日にはイタリア・ミラノサローネにてローンチイベントが開催され、エヴァ・フォンタネッリやエレオノーラ・カリシ、ミコル・サヴァディーニらファッショニスタが出席。アーティストによるスペシャルパフォーマンスが多くの観衆を沸かせた。数量限定となっているマックスマーラの「LAVAPRISMS」をいち早くチェックして。

©Claudia Zalla

eleonora carisi

micol sabbadini

■マックスマーラ「LAVAPRISMS」

2018年4月20日(金)よりマックスマーラ銀座三丁目店、青山店にて数量限定販売

www.maxmara.com