「Andreas Kronthaler for Vivienne Westwood」が2018-19 Autumn/Winter Bridal Collectionを発表 ジェンダーの中立化と個々の選択が多様化する現代社会へ向けたメッセージ

「Andreas Kronthaler for Vivienne Westwood(アンドレアス・クロンターラー フォー ヴィヴィアン・ ウエストウッド)」がAutumn/Winter 2018-19 コレクションより、ジャケット、スカート、トラウザー、コルセット、ドレスやガウンなど様々なスタイルのブライダルウェアーを発表。ジェンダーの中立化と個々の選択が多様化する現代社会において、デザイナーのアンドレアス・クロンターラー(Andreas Kronthaler)はサスティナビリティー(複数回にわたって着用する)を様々な表情を持つ素材やトーンの異なる白を組み合わせることで表現している。ヴィヴィアンのファッションにおける作品に敬意を表し、伝統的なオーストリアの民族衣装からインスピレーションを得てデザインされたドレス。丁寧な手作業で制作され、時には花の刺繍で装飾が施される。ラバーとサテンで構築され、膨大な量のタフタと別れを告げたアシンメトリーのしなやかなドレスや、クラッシュドシルクツイル、チュールやシルクジャカードのコルセットを内蔵、フリルやラッフルが施され、ぴったりとしたシルエットのドレス。今回のコレクションは花嫁の個性を引き立てる多様性のあるものになっているため、セクシーなシャツドレス、グラマラスなパンツスタイルのスーツ、人目を引くガウンを探している人には、目が離せないデザインがそろう。Andreas Kronthaler for Vivienne Westwood Autumn/Winter 2018-19 コレクションのブライダルウェアーから、ジェンダーの中立化と個々の選択が多様化する現代社会へ向けたメッセージを感じてみては。

︎■「Andreas Kronthaler for Vivienne Westwood」2018-19 Autumn Winter Bridal Collection

www.viviennewestwood.com