rag & boneがDIYプロジェクトを再始動 2018年度の第一弾はヘイリー・ボールドウィンを皮切りにスタート!今後も様々な人種や個性のモデルが登場

rag & boneは2011年から数年間に渡って行っていたキャンペーン、DIYプロジェクトを再始動。2018年度の第一弾として、4月13日にヘイリー・ボールドウィンの画像を公開した。DIYプロジェクトとは2011年にスタートしたrag & bone/JEANのプロジェクト。今までのアドキャンペーンとは違う型破りなコンセプトで、モデルをスタジオで撮影するのではなく、彼女たちにカメラとrag & bone/JEANの服が入った袋を渡し、その服を自分なりに解釈し自由に撮影をしてもらうという企画だ。これまでにリリー・オルドリッジ、カロリナ・カーコバ、キャンディス・スワンポール、キャロライン・マーフィー、ミナ・シンなどが参加し、普段見ることのできない彼女達の素の表情を捉えたユニークな写真が話題を呼んだ。今回スタートする新しいシリーズではヘイリー・ボールドウィン、アシュリー・グラハム、アレック・ウェック、ベラ・アディッド、パリス・ジャクソン、萬波ユカ等をはじめとする様々な人種や個性のモデルが一年を通して、様々な画像を随時公開していく。「もともと個性や本物感を伝えたくてこのDIYプロジェクトをスタートしました。この二つの要素はrag & boneのブランドの軸となるものでもあります。活躍して輝いている女性達にそれぞれの個性を独自のスタイルで表現してもらうことは、素晴らしいことだと感じています。DIY2018では素晴らしい方々に参加してもらうことが決まっていますが、我々のゴールはその写真を発表するだけでは終わりません。より多くの人にこのキャンペーンを身近に感じてもらい、参加してもらい、それぞれの個性を表現してもらえるよう働きかけていきます。」とrag & boneのファウンダーでクリエイティブ・ディレクターのマーカス・ウェインライトはコメントしている。今後は#rbDIYのタグをつけてこれらの画像を公開していくだけでなく、モデルたちのファンやブランドのフォロワーがそれぞれ独自のDIYキャンペーンを作成して投稿していくことで、このDIYキャンペーンの輪を広げていく予定だ。一般参加に関しての案内はrag & boneのソーシャルメディア、ウェブサイト、店舗などで発表されるのでこちらもチェックしてみて。

■rag & bone DIY project

https://www.rag-bone.com/