Y-3が「百花の王」とも呼ばれる牡丹の花をコレクションのセンターピースに据えた『Y-3 CAPSULE COLLECTION INSPIRED BY JAMES HARDEN』が4月13日に全世界で発売

Y-3より、ジェームス・ハーデン(James Harden)にインスパイアを受けたカプセルコレクション「Y-3 CAPSULE COLLECTION INSPIRED BY JAMES HARDEN」が4月13日に発売。今回のカプセルコレクションは、アディダスと山本耀司という世界をリードするクリエイターがタッグを組み、両者の視点からバスケットボール界のスーパースター ジェームス・ハーデンのイクレクティック(折衷主義的)なスタイルを念頭に置いてデザインされた。アパレルは、スポーツとスタイルの真の衝突から生まれたカプセルコレクションらしく、アスレティックなコンプレッション仕様のTシャツ&タイツから、よりエレガントなブレザージャケットに至るまで幅広いピースがラインナップされているため、オフコートスタイルのワードローブ一式が勢揃い。またタークブラック、ナイトインディゴ、シャンパンという3つのカラーリングで、”勇気”、”高貴”、”名誉”、”尊敬”、”幸運”を象徴。さらにフットウエアでは、90年代のアイコン的シルエットをベースにした「Y-3 BYW BBALL」が、ホワイトで登場する。バスケットボール界のアイコンであるハーデンがコート上で着用しているスタイルをストリートスタイルに落とし込み、彼のパワーと自信を表現している。そしてアディダスのBOOST™フォームがミッドソールとして搭載され、レザーと伸縮性に富んだネオプレンをミックスしたアッパーとジグザグパターンのレーシングシステムが、ユニークなスタイルを引き立てている。また、S/S18コレクションでも人気を集めた「Tangutsu(タングツ)」が装いも新たに再デビュー。カラーはブラックで、牡丹の花をバンプ(爪革)にあしらうシューレースの無いスリップオンスタイルと、チャンキーなシルエットが特徴となっている。一方で「Bashyo(バショウ)」は、厚いソールなどの大胆な要素をプラスしてミッドカットスタイルを生まれ変わらせ、ブラックに対照的なカラーの牡丹の花のロゴをあしらったシューズ。牡丹の花は、コートの内外におけるハーデンの振る舞いを表現するのに相応しいものであり、侍たちが何世紀も前から実践してきた日本固有の伝統芸術である「生け花」も連想させる。「百花の王」とも呼ばれる牡丹の花が、センターピースとして鮮やかな差し色としてプラスされている「Y-3 CAPSULE COLLECTION INSPIRED BY JAMES HARDEN」の世界観を楽しんでみては。

■Y-3 CAPSULE COLLECTION INSPIRED BY JAMES HARDEN

2018年4月13日(金)発売

展開店舗 : 国内直営店、ZOZOTOWN、オンラインショップ、厳選されたショップ

お問い合わせ : adidas fashion group showroom TEL 03-5547-6501

http://store.y-3.com/de/y3store/y3jamesharden