ヴァレクストラが2018年秋冬コレクションを公開 日常におとぎ話を演出するようなファンタジックで神秘的な世界観

ヴァレクストラ(VALEXTRA)より、日常におとぎ話を演出するような自然でありながらも非現実的な魔法にかけられた世界観の2018年秋冬コレクションが公開。コレクションは、今年1月に発表された日本の建築家 隈研吾氏によるヴァレクストラのインスタレーション作品”The Forest”の現代的な空間を、”夢のような森”へと演出する主役となる。そして隈氏に手掛けられた森にいきいきと生息する魔法の生き物のような、カラフルな色彩と艶やかなディテールのブランドのアイコン的存在イジィデ(ISIDE)をはじめとする、新作のパスパトート(PASSEPARTOUT)、ヴァレクストラの代表的なブレラ(BRERA)など人気のハンドバッグ。スムースでセミマットな素材のカーフレザー パリ―ジを使用し、今季の豊かな色合いをより完璧にする。バッグは寄せ木細工がモチーフとされており、今季を代表する3つの色彩で組み合わされる幾何学模様のレザーが特徴。またおとぎ話の解釈に深みを与えるパスパトートとイジィデの小さな付属のアクセサリーは、魔法の一工夫で限りなく個性的に、シーズンを超えても常に新しくあることも可能。さらに、隈氏によって美しく変化したミラノのマンゾーニ通りにあるブティック中のシルクスカーフには、イタリアのストリートアーティスト エル・ガト・チムニー(ElGato Chimney)によって描写された、神秘的で民俗学的な要素を動物学に取り入れた神話上の動物が幻想的な世界をつくり出す。風変りに着飾った熊、フクロウ、鹿、穏やかな亀の上にいる鳥たちのユーモラスな様子によって、放たれる和らぎ神秘的なオーラ。彼らは色とりどりの生地をまとい、興味深い何かを鳥小屋から小さい寺まで運んでいる。一見、ヴァレクストラのイメージと相反する今シーズンの世界観。しかし隈氏のシンプルなコンセプトはブランドの価値と共にあり、さらにエル・ガト・チムニーによるファンタジックな世界観によって一体となる。ラグジュアリーさと豊かな視覚的効果を兼ね合わせた「ヴァレクストラ」の2018年秋冬コレクションをぜひチェックして。

■VALEXTRA 2018年秋冬コレクション

https://www.valextra.jp/