ジョルジオ アルマーニが次世代をサポートする新しいプロジェクト「アルマーニ / ラボラトリオ」初の短編映画『UNA GIACCA -A JACKET-』が完成

アルマーニ / ラボラトリオ初の短編映画「UNA GIACCA -A JACKET-」が完成。2月24日、アルマーニ/ テアトロで上映された。ジョルジオ アルマーニにとって、ジャケットとは、ブランドのアイコンであり、アイデンティティともいえるアイテム。これまでもジョルジオ アルマーニはファッションと映画に関して、数多くの若者をサポートしてきたが、このアルマーニ / ラボラトリオはジョルジオ アルマーニが次世代をサポートする新しいプロジェクトとなる。今回の短編映画はアルマーニ / ラボラトリオのプロジェクトに参加した学生たちが、アルマーニ / シーロスで開催された集中ワークショップで得たスキルの集大成ともいえる作品となっている。2017年8月31日から選考会が始まり、8名の学生が選出され、その後学生たちは、彼らを指導する優れた9人のメンター達から短編映画の撮影と編集に関する理論と実用的なレッスンのプロセスを学んだ。 短編映画の物語は、過去と現在を行き来するフラッシュバックの中でストーリーが展開されていく。シーンは、カラーとモノクロで区切られ、シーンが切り替わる。2人のプロの俳優、主役のSara SerraioccoとLorenzo Richelmyもワークショップに参加したすべてのメンター達と同じように情熱を持ってこのプロジェクトに参加した。ジョルジオ・アルマーニは「ジャケットは私の美学の基本的要素の1つを表していて、それを今回物語に変換しています。このテーマは挑戦的でしたが、アルマーニ/ ラボラトリオの参加者や優れた指導者の助けを借りてこの課題を解決することができました。参加した学生たちに、実際の学びと成長の機会を与えられたこと、そして私自身が自分の専門分野でのパラメーターとなれたことを嬉しく思っています。映画というものに対してはかねてから、私自身も情熱を持っていました。今回の作品が、これからも続いていくこのシリーズの最初の作品となったことを本当に誇りに思います。」 とコメント。アルマーニ / ラボラトリオ初となる短編映画「UNA GIACCA -A JACKET-」はアルマーニ/シーロスのウェブサイトで見ることができる。

アルマーニ / ラボラトリオ「UNA GIACCA -A JACKET-」

www.armani.com