「BOTTEGA VENETA」2018年春夏広告キャンペーン<アート・オブ・コラボレーション>動画による新たなアプローチを展開

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)が2018年春夏シーズン広告キャンペーンを発表。ボッテガ・ヴェネタが手がける<アート・オブ・コラボレーション>にて新たに著名なクリエイティブエージェンシーBaron&Baronとのタッグにより、これまでの概念を打ち砕くデジタル主体のキャンペーンを展開する。『リフレクションズ』と題されたファビアン・バロン ディレクションの全6作品のアンソロジー・シリーズは個性豊かで映画のような世界観を表現。私たちをエピソードに引き込むイノベーティブなストーリーテリングの手法は、モバイル全盛の時代においてまさに革新的なアプローチ。<アート・オブ・コラボレーション>はクリエイティブディレクターのトーマス・マイヤーのもと2001年にスタートし、アーティストたちとのかかわりに光をあてた作品は大きな成功をおさめてきた。今回の新章幕開けでは、再びボッテガ・ヴェネタそのものに焦点を当て、ブランドの”イニシャル”‐個性、独自性をより今の時代にふさわしい動画というコミュニケーションプラットフォームで配信し、キャンペーンを展開する。新たにファビアン・バロン、撮影監督のフィリップ・ル・スールら名だたるクリエーターたちとの共作により、より濃く伝わるマイヤーのヴィジョン。そして彼らの作り上げるボッテガ・ヴェネタの世界観を、ヴィットリア・チェレッティ、オーブ・ジョリクールら4人のモデル達が表現する。ボッテガ・ヴェネタのブランドストーリーとDNAをエンターテイメント性とインスピレーションあふれる新しい形で伝え、新しい理解をもたらしてくれるコンテンツはスクロールする指を留めたくなるような魅力で詰まっている。つねに指先で直観的に情報を求める現代人の興味を駆り立てる経験を提供し、彼らとつながるように設計。ボッテガ・ヴェネタというブランドが持つ魅力を、デジタル全盛の今の時代により相応しいメディアで語り掛け、お客様と対話する―「今回の新コンセプトは、ラグジュアリーなストーリーテリングにおけるユニークな先例となるでしょう。」とトーマス・マイヤーは語る。2018年春夏キャンペーンでボッテガ・ヴィネタのヴィジョンが織りなす、ミステリー、洗練、建築、センシュアリティ、そしてシュールレアリスムを感じてみて。

©Courtesy of Bottega Veneta

■BOTTEGA VENETA 2018春夏広告キャンペーン

https://www.bottegaveneta.com